見る・遊ぶ

シアター・イメージフォーラムで新進映像作家たちの作品上映会 40作品超

さまざまな映画祭などでも上映している袴田くるみさんの「陳腐な男」

さまざまな映画祭などでも上映している袴田くるみさんの「陳腐な男」

  •  
  •  

 上映団体「東京映像旅団」主催の12回目となる上映会「パーティーズ」が2月23日・24日、シアター・イメージフォーラム(渋谷区渋谷2、TEL 03-5766-0114)3階で開催される。

iPhoneのカメラロールに記録した映像を素材にした「カメラロール潜行」

 同団体は、日本大学芸術学部映画学科を卒業生で構成し、2005年から年に一度、個人的な映像表現を模索するために集まり上映会を開いている。

[広告]

 今回は、同団体のメンバーが手掛けた新作上映に加え、京都を中心に上映活動を行う団体「VIDEO PARTY」が一般公募した作品の特集上映、トークプログラムを展開する予定。

 上映するのは、東京映像旅団の新作=22歳~49歳の新進映像作家20人が手掛けたセルフドキュメンタリー、アニメーション、映像記録など21作品。VIDEO PARTY=アニメーションや実験映像など20作品の上映に加え、作品を手掛けた作家を招き質疑応答も行う。

 24日は、東京をはじめ北海道や京都などの自主上映活動を行う作家が登壇し、個人が映像を製作し上映を続けていくための方法を話し合うトークイベントを予定する。

 観賞料は1回券=700円ほか。

  • はてなブックマークに追加