買う

バレンタイン商戦本格化 渋谷「デコチョコストア」でメッセージ入りチョコ好調

店内に並んだメッセージ入りのチロルチョコ

店内に並んだメッセージ入りのチロルチョコ

  •  
  •  

 バレンタインまで1カ月を切り、渋谷・スペイン坂の「DECOチョコStore(デコチョコストア)」(渋谷区宇田川町)では、文字やハートなどの図柄の組み合わせや、オリジナルプリントの包み紙でメッセージを伝えられる「デコチョコ」の売り上げがピークを迎えている。

チョコの文字などを組み合わせメッセージを作れる

 香水鉛筆などのユニークな文具・雑貨を展開するサカモト(台東区)が2014年12月にオープンした同店。店内には、「あ」から「ん」までの平仮名などの文字や「ありがとう」といったメッセージ、動物や記号などのイラストなどが包み紙にプリントされた約700種のチロルチョコを取りそろえる。来店客は好きなチョコを組み合わせ、誕生日祝いなどの目的に合わせて商品を選ぶ仕組みだ。

[広告]

 例年、1月に入り来店客数が平常時の1.5~2倍ほどになり、同下旬からバレンタイン直前にかけては4倍ほどまでに増える。20~30代の女性客に加え、「最近は男性のお客さまも増えている」(同社DECOチョコ事業部・小澤友見さん)。コンパクトなサイズで、単品で74円、セットは3個ケースセット=272円、10個ボックスセット=1,040円という値頃感もあり、義理チョコ・友チョコとして購入していく客が多いという。

 「ちょっぴり愛してる」のメッセージと共にハートマークで少なめの度数を示すものや、トウモロコシのキャラクターが「ありがとうもろこし」と駄じゃれで感謝を伝えるイラストなど、くすりと笑わせるユニークなデザインや、LINEスタンプで人気のキャラクターものなどの売れ行きが好調。

 その場で購入できるチョコに対し、「本命チョコ」はオーダーメード商品が人気。携帯電話やUSB、CD-Rなどの画像データを店のパソコンに取り込み、画面上で文字やイラストを入れるなどしてオリジナルのデザインを作成。店頭で完成品を受け取る。

 「オーダーメードチョコは、他のメインのプレゼントにメッセージカード代わりとしてお付けいただくこともある」と言い、最近は、あらかじめ色使いなどが鮮明な画像を持ち込み、シンプルなデコレーションに仕上げる傾向が多く見られるという。45個入りセットで3,330円。18時までに注文すると当日中に店頭で受け取れるほか、最短2時間で引き渡しとなる「特急仕上げ」(500円、価格は全て税別)にも対応する。

 「バレンタイン直前は特に混み合うので、早めの注文がお勧め」と呼び掛けるほか、オーダーは専用サイトでも受け付けている。

 営業時間は12時~20時(オーダーメード受け付けは19時まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞