食べる

東急電鉄キャラ「のるるん」がかまぼこに 渋谷の駅そばで限定メニュー

「のるるん」かまぼこがのった「しぶそば」特別メニュー

「のるるん」かまぼこがのった「しぶそば」特別メニュー

  • 299

  •  

 東急電鉄のキャラクター「のるるん」のかまぼこがのった期間限定そばが11月4日より、渋谷の駅そば「本家しぶそば」(東急東横店2階、TEL 03-3464-4957)で提供され、当初月末までを予定していた提供期間を待たずに終了の可能性もあるなど、好調な売れ行きを見せている。

店内には「しぶそば特別列車」に関するチラシも

[広告]

 限定そばは、東急グルメフロント(目黒区)が東急沿線で展開する「しぶそば」の中でも「最も古い店」という同蒲田店の開店50周年を記念して提供。かけそばに秋田県産・春菊の天ぷらと京野菜「堀川ごぼう」の天ぷらをのせたもので、価格は500円。刻みネギと共に添えられる「のるるん」かまぼこは、今回の企画に合わせ「特注」した。

 これまで限定メニューなどでも特注でかまぼこを作ったことはなく、同店担当マネジャーの梶勝さんによると、「のるるんのかまぼこ自体、初めて」の試み。「試作を重ねて4回目でやっとここまでのクオリティーになった。初回はとてものるるんに見えず、内心冷や冷やしていた」と完成までの経緯を明かす。

 2012年8月に公開された「のるるん」は、東急電鉄が主力車両として運用する「5000系」をモチーフに愛らしい笑顔とコロンと丸みのある「ボディー」が特徴。初めて登場したかまぼこについて、SNSなどでは「#のるそば」のハッシュタグも付けられ、「のるるんかまぼこかわいい」「食べるのがもったいない」などと話題になっている。中には「1枚じゃ物足りない」「水没していました」など、愛のある「ツッコミ」も。

 「今までで一番の販売シェア」(梶さん)と予想を超える売れ行きに、「ロット数が大きいため、かまぼこの追加生産は難しい」と、予定していたかまぼこの数が追いつかず、当初の終了予定を待たず「のるるんのかまぼこが終わり次第、早めに終了する可能性もある」と言う。

 限定メニューは渋谷店を含め「しぶそば」全店で提供。同メニューの注文客には専用シール(1回1枚)を進呈し、2枚集めて応募した人の中から抽選で30人を、来年1月に運行を予定する「しぶそば特別列車」に招待する。

 渋谷店の営業時間は7時~22時45分(土曜・日曜・祝日は20時45分まで、以上ラストオーダー)。限定メニューは11月30日まで(売り切れ次第終了)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース