見る・遊ぶ

「ファッション・ウィーク東京」開幕 50ブランドが2019S/Sコレクション披露

初日に登場した「ドレスドアンドレスド」

初日に登場した「ドレスドアンドレスド」

  •  
  •  

 ファッションイベント「Amazon Fashion Week TOKYO(ファッション・ウィーク東京) 2019 S/S」が10月15日に開幕し、メイン会場の一つ渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)で「DRESSEDUNDRESSED(ドレスドアンドレスド)」のショーが行われた。

「レストラン」がテーマのコレクションを披露

 今月20日まで開かれるファッション・ウィーク東京では、渋谷ヒカリエと表参道ヒルズ(神宮前4)をメイン会場に、約50ブランドが参加。ショーをはじめ、インスタレーションやウェブなどで2019年春夏コレクションを発表する。

[広告]

 この日、初参加にしてオープニングを飾ったウィメンズブランド「AOI WANAKA(アオイ ワナカ)」に続き登場した「ドレスドアンドレスド」は、男女12人のモデルがインスタレーション形式でルックを披露。テーラードジャケットに合わせたパンツは、片方の脚の部分をヒップ上までざっくりとカットしたものや、フロントに深いスリットを入れるなど、肌を大胆に露出するアシンメトリーなデザイン。背中部分が大きく開いたミニ丈のワンピースには、グランジテイストのアイテムやニーハイブーツなどの靴を合わせ抜け感を出した。

 モデルはウオーキングでルックを披露すると、順番にステージ中央のテーブルに着席。全員が席にそろうと周囲の照明が落ち、スポットで照らされる中、目隠しをし合ったり皿で顔を覆ったりするなどのパフォーマンスも見せた。ショー終了後にインタビューに応じたデザイナーの北澤武志さんによると、テーマは「レストラン」。

 フレンチやすしなどのメニューの出し方やデートでの食事など「恋と食事」に着想を得て、駆け引きやセクシーさなどを表現したという。「年を重ねるごとに食への大切さを感じていた。日常やインサイドな部分がインスピレーションになっている」と話し、「ブランド立ち上げから10年目の節目ということもあり、今回はインスタレーションで見せた。新しいドレスドアンドレスドとしてゼロからやるつもり」と決意を新たにしていた。

 今シーズンで27回目を迎えるファッション・ウィーク東京は、2005年に日本のファッション・ビジネスの国際競争力強化を図る目的で始まった「東京発 日本ファッション・ウィーク」が前身。毎年3月と10月の2回、国内外のファッションブランドの新作コレクションショーを中心に、ファッションイベントを展開する。

 今後、「matohu(マトフ)」「N.HOOLYWOOD(エヌ.ハリウッド)」(以上16日)、「mintdesigns(ミントデザインズ)」(17日)、「HYKE(ハイク)」(18日)、「ANREALAGE(アンリアレイジ)」(19日)、「SHOHEI(ショーヘイ)」(初参加、20日)などが登場する。

  • はてなブックマークに追加