食べる

サンロッカーズ渋谷、ホーム開幕戦へ「出陣式」 東急百貨店とのコラボ丼PRも

東急百貨店とのコラボ丼を試食する満原優樹選手(左から2番目)とロバート・サクレ選手(右端)

東急百貨店とのコラボ丼を試食する満原優樹選手(左から2番目)とロバート・サクレ選手(右端)

  •  

 Bリーグ・サンロッカーズ渋谷(以下、SR渋谷)が10月8日、東急本店(渋谷区道玄坂2)・東横店(渋谷2)でシーズン出陣式を行った。

サンディーや東横ハチ公らマスコットも登場した

 今月4日から両店と渋谷ヒカリエShinQs(同)内にあるフードフロアで展開しているタイアップ企画「2018SHIBUYAグルメダンク(以下、グルメダンク)」の一環。東急百貨店とSR渋谷初の合同企画で、「地元との取り組みをしたい」と考えていた同社からSR渋谷に声を掛けたという。

[広告]

 出場式にはキャプテン満原優樹選手と元NBA選手でチーム最高身長213センチのロバート・サクレ選手が参加。満原選手とサクレ選手は、バスケのユニホーム姿で登場した東急百貨店のマスコット「東横ハチ公」と共に登場した、グルメダンク丼で企画した「パワフル丼」「ワインに合う丼」を試食。

 満原選手は「ローストビーフ丼」(本店地下1階「ニューヨークデリ」)と「ココナッツ風味のまろやかチキンカレー」(東急フードショー「バインミーバインミー」)の2種類。「こんなに見つめられながら食べるのは…」と照れた様子を見せながら、「ココナツミルクが入っていてあまり辛くない」など「食レポ」した。「焼き鳥が大好き」というロバート・サクレ選手は、箸を器用に使いながら「焼き鳥丼」(同「地鶏屋」)を試食し「おいしい」と日本語で話しながら、完食する勢いで食べた。「鶏肉のバジル炒めご飯」(東急フードショー「サイゴン」)は「とてもスパイシーでおいしい」と話した。ファンが見守る中での試食に「試合でどんなシュートを打つ時よりも今の方がプレッシャーを感じている」と笑いを誘った。

 SR渋谷は今月6日と7日に開幕戦を行ったばかり。昨シーズンの優勝チームであるアルバルク東京と接戦の末、連敗を喫した。満原選手は「勝ちたかった」と悔しさをにじませつつ「ほんの少しの差だったと思う。東京は優勝しているので勝ち方を分かっている、そこを学ばないと優勝はできない。次の東京戦では必ずリベンジしたい」と力強く話した。サクレ選手は「(開幕節)2試合でしっかり準備してきたことを見せられた。ハードに戦ったチームを誇りに思う」とも。

 SR渋谷のホーム(青山学院記念館)開幕戦は10月13日・14日、レバンガ北海道戦となる。ホーム開幕戦を「とても楽しみにしている」というサクレ選手は「渋谷という街や、応援しているファンの皆さんのことを愛している。期待に応えられるよう必ず勝ちに行くので、会場に来てサポートしてほしい」と呼び掛ける。満原選手は「渋谷のファンが多く来てくれるので、まず勝つ姿を絶対に見せたい」と意気込み、「買い物したい時は東急本店や東横店に来てください」とPRも忘れなかった。イベント終了後には「Bリーグが始まる前はこういう取り組みは無かった。渋谷で応援してくれる企業やイベントが増えると、浸透してきたなと感じる」と振り返った。

 グルメダンクでは、チアリーダー「サンロッカーガールズ」が監修した「ヘルシー丼」をShinQsで販売している。チームカラーの黄色の食材や「体にいい」食材などを調べて提案したほか、食材の大きさや色どり、見栄えなど細部までこだわったという。YOKOさんは「ヘルシーと言ってもいろいろなものを考えたので、がっつり食べたい、軽く済ませたいなどその時の気分で好きな丼を選んで楽しんでほしい」と話した。

 出陣式にはマスコット「サンディー」も参加し、ダンスを披露。ファンたちとの写真撮影に応えたほか、SR渋谷のスタジオMCでイベントのMCを務めたパトリック・ユウさんの椅子に座ったりコラボ丼を物欲しそうに見つめたり、箸を起用に持って見せるなどイベントを盛り上げた。

 本店外壁には4日から今月末まで(予定)、SR渋谷を応援する懸垂幕を掲出。SR渋谷のホーム戦に東横ハチ公が出演したりフードを販売したりするなど、今後も取り組みを検討していくという。

 営業時間は10時~21時(本店は20時まで)。「2018SHIBUYAグルメダンク」は今月10日まで。