食べる

「コールドストーン」初バタークリームサンド、渋谷に1号店 土産需要にも対応

渋谷ヒkリエ地下2階にオープンする1号店のイメージ

渋谷ヒkリエ地下2階にオープンする1号店のイメージ

  • 41

  •  

 米アイスブランド「コールドストーン クリーマリー(以下コールドストーン)」初のクッキーサンド専門店「コールドストーン クリーマリー サンド」(渋谷区渋谷2、TEL 03-6434-1759)が9月14日、渋谷ヒカリエ地下2階にオープンする。経営はコールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン(中央区)。

フレーバーは常時8種類ほどを用意する

 かねて「コールドストーン」で提供していた「アイスサンド」から着想を得て開発した新ブランド。これまでも、アイスを切り口にアイスキャンディーやアイスケーキなどの商品を展開してきたが、今回は土産需要にも対応する冷蔵・常温商品に取り組んだ。

[広告]

 テークアウト専門店となる1号店は、土産や贈り物に加え「自分へのご褒美」としての購入を見込み同施設への出店を決めた。30~40台の女性をコアターゲットに据える。

 「滑らかさ」「カラフルさ」などアイスの特徴を反映させたというクッキーサンド。バタークリームには北海道産生乳で作ったバターを使うほか、クッキーは「柔らかくホロホロとした食感」で作るという。「手作り」を売りに店頭でバタークリームから作る。

 フレーバーは常時8種類ほどを用意。定番に位置付けるのは、ラム酒と砂糖に漬け込んだ南カリフォルニア産トンプソン種レーズンをバタークリームと混ぜる「ラムレーズン」(280円)や、ホワイトチョコレート風味のバタークリームとイチゴのピューレにラズベリークランチをアクセントに加える「ベリーベリーストロベリー」。クッキーとクリームそれぞれに京都・宇治の抹茶を混ぜ込みクリームには北海道産大納言を混ぜ込む「アズキグリーンティー」、カシスのピューレを混ぜたバタークリームをココアクッキーで挟む「カシスパラダイス」(以上各320円)などもラインアップする。

 期間限定フレーバーは1~2カ月ごとに入れ替える。オープン時には、インド産アルフォンソマンゴーを使い、アイス「オレンジマンゴ」をイメージしてオレンジピールを加える「トロピックオレンジマンゴ」(320円)を用意する。客単価は1,200円ほどを想定する。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞