買う

渋谷駅前に「ロクシタン」新コンセプト店 国内初「ピエール・エルメ」監修カフェも

黄金色のハーブ「イモーテル」など黄色の花をあしらった柱が目を引く店舗外観

黄金色のハーブ「イモーテル」など黄色の花をあしらった柱が目を引く店舗外観

  •  

 渋谷ハチ公前交差点にある仏ライフスタイル・コスメブランド「ロクシタン」の直営店「ロクシタン渋谷店 ブーケ・ド・プロヴァンス」(渋谷区道玄坂2、TEL 03-5428-1564))が8月8日、オープンした。

カフェで提供するメニュー

 2008年5月にオープンした「渋谷 テラス・ド・プロヴァンス」を大規模リニューアルした同店。店舗は3フロア構成で、面積は非公表。店舗は白と黄色を基調に、ファサードの柱にはブランドの商品にも使われている黄金色のハーブ「イモーテル」など黄色の花をあしらい、店舗のシンボルに位置付ける。

[広告]

 1階は物販フロアで、エントランス近くには他店でも好評という「ギフトマルシェ」を展開。ハンドクリームやシャワージェルなどをキャンディージャーに入れて陳列。同コーナーには、全長1メートルの人気商品「シアハンドクリーム」のチューブを世界で初めて設置。テスターとして自由に試せるようにした。フレグランスコーナーでは、同店限定サービスとなる「花みくじ」も用意。引いたみくじに合わせて、さまざまな香りが付いたリボンブレスレットを進呈する。

 渋谷駅前の忠犬ハチ公像やショップコンセプトに着想を得た花束などをパッケージに採用した「シアハンドクリーム」(1,512円)をオープン記念で扱っているほか、限定デザインのボックスやショッパーも用意した。

 2階・3階のカフェは、パリ・ロンドンに次ぐ仏洋菓子店「ピエール・エルメ・パリ」とのコラボカフェ「L'OCCITANE Cafe by Pierre Herme」(TEL 03-5428-1563)として刷新。席数は約100席。一新したメニューは、サブレパルメザンを添えるトマトのガスパチョ(1,300円)やキヌアやチアシードなどのスーパーフード、ビーツなどのサラダ(1,600円)、クロックムッシュ(1,500円)、ミニサイズのスイーツ4種盛り(1,600円)などをラインアップ。モーニング(11時まで)にはクロワッサン・グラノーラ・ヨーグルト・ドリンクのセット(1,100円)などを提供する。

 1階の一角にはテークアウトカウンター「Comptoir(コントワール)Pierre Herme」も新設。ピエール・エルメ・パリ監修のロリポップ(400円)やソフトクリーム(500円)、コーヒー(440円)などを用意する。

 営業時間は10時~21時(カフェは8時30分~23時)。