代々木公園で「沖縄祭り」開催迫る エイサー奉納、D-51ライブも

ステージでは沖縄出身のアーティストらがライブを行う(写真は昨年開催時の様子)

ステージでは沖縄出身のアーティストらがライブを行う(写真は昨年開催時の様子)

  •  

 代々木公園イベント広場・野外音楽堂広場で6月9日・10日、「OKINAWAまつり 2018」が開催される。

 2012年に始まり今年で7回目を迎える同祭。音楽やフード、物産、伝統文化など通じて沖縄を紹介する。昨年は2日間で約24万人が来場したといい、今年は30万人の動員を目指す。10日には、明治神宮に伝統舞踊「エイサー」を奉納するため原宿口前で130人が演舞する予定。

[広告]

 場内には約80ブースが出店する。沖縄そばや石垣牛、タコス、ブルーシールアイス、オリオンビールなどのフード・ドリンクや、石垣島近海で獲れた夜光貝や高瀬貝などを加工したアクセサリー、島ぞうり、伝統の「ミンサー柄」のアンクレットなどの雑貨・アパレルなどを並べる。

 ステージでは伝統芸能「エイサー」奉納のほか、琉球古典音楽の師範としても活動するよなは徹さん、石垣島出身の女性ユニット「やなわらばー」、ボーカルデュオ「D-51」、今年「7!!」から表記を変えたバンド「seven oops(セブンウップス)」、石垣島在住のいとこ・兄弟で結成したエンタメユニット「きいやま商店」、シンガー・ソングライターAnly(アンリィ)さんらがライブを展開。琉球古典舞踊やエイサーなども披露する。

 開催時間は11時~21時。入場無料。雨天決行。