LA発メーキャップブランド再上陸 東急プラザ表参道原宿に1号店

黒を基調にした店内

黒を基調にした店内

  •  
  •  

 東急プラザ表参道原宿(渋谷区神宮前4)3階に3月16日、米ロサンゼルス発メーキャップブランド「NYX(ニックス)Professional Makeup」(TEL 03-3403-5617)がオープンした。経営は日本ロレアル(新宿区)。

900~1000種類ほどの商品を扱う

 1999年に女性起業家が創業し、現在70カ国以上で販売する同ブランド。2006年に一度日本に上陸したが2014年に撤退。同年からロレアルグループの傘下となり新たな展開を行っている。18歳~34歳の女性をコアターゲットに、価格設定や豊富なカラーバリエーションなどにこだわった商品が特徴。再上陸1号店は、ターゲット層に合うことやメークに対する「感度の高い人」がいることなどから原宿・表参道エリアに出店した。

[広告]

 店舗面積は126.57平方メートル。黒を基調にした空間で、随所にビビッドなピンクを取り入れる。商品は、リップ・アイシャドー・フェイス(ファンデーションなど)・ブラシなどカテゴリー別に陳列。サイネージのほか、商品を試せるコーナー「ビューティーバー」ではiPadでチュートリアル動画を流すなどデジタルを使ったコミュニケーションを図る。イベントスペースでフォトスポットでもある「マスタークラス」では定期的にメーキャップアーティストを呼んでメーク講座などをするという。

 商品は、メーク初心者~中級者向け(1,000円台)、メーク慣れした上級者向け(1,500円まで)、プロム向け(1,600円以上)でラインアップ。日本では2000種類を超える商品の中から、「サテンマット」仕上がりのリップオイル「スリップティーズ リップオイル」(1,600円)、「ホットシングル アイシャドウ」(700円)、コンシーラー・フェースカラーとして使える「コンシールコレクト コントゥアーパレット」(1,800円)など約900~1000種類の商品をそろえる。

 オープン初日には、デビュー曲のミュージックビデオ撮影時に同ブランドの商品を使ったタレントのりゅうちぇるさんが来店。かねて同ブランドの商品を使っていたといい、「発色が良くて、カラーバリエーションが豊富。自分を表現するのに大切なブランド」とアピール。妊娠中の妻でタレントのぺこ(オクヒラテツコ)さんについて聞かれると「もう安定期でつわりもない。胎動がすごくて、めちゃくちゃ話しかけている」と笑顔を浮かべた。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞