食べる

渋谷・宮益坂にカレースタンド「J.S.カリー」 常設2店舗目

オープンに向けて準備が進む宮益坂店の外観

オープンに向けて準備が進む宮益坂店の外観

  •  

 渋谷・宮益坂に1月18日、カレースタンド「J.S. CURRY渋谷宮益坂店」(渋谷区渋谷1)がオープンする。経営はベイクルーズグループのフレーバーワークス(同)。

同店限定で提供するカレー

 神南エリアに本店を構えていた「神南カリー」を前身にした同社オリジナルのカレーショップとなる同ブランド。現在、フードトラックと昨年3月に「神南カリー」から業態転換した文化村通り店(道玄坂2)を展開している。

[広告]

 常設2店舗目となる宮益坂店は、昨年9月に閉店したサンドイッチチェーン「サブウェイ」跡。地上2階建てで延べ床面積は56.66平方メートル。席数は21席を予定する。

 同ブランドでは、「ローカル食材」や季節感を取り入れたオリジナルカレーを提供。同店では、低温の油で調理し粗びきのパン粉を付けて揚げた骨付きの鶏もも肉をターメリックライスやマッシュポテトなどと混ぜながら食べる「サマーン カリー」(1,050円)、「J.S.カリールー」「欧風カリールー」「バターチキンカリールー」の3種類からルーを選べ、21時以降のみ提供するハーフサイズカレー「J.S.バイト カリー」(500円)を限定メニューとして用意する。

 営業時間は11時~23時。