天気予報

14

6

みん経トピックス

渋谷区がAIキャラクター渋谷区パートナーシップ2年

渋谷・ファイヤー通りが陸上トラックに 義足ランナーら60メートル世界記録に挑戦

渋谷・ファイヤー通りが陸上トラックに 義足ランナーら60メートル世界記録に挑戦

ファイヤー通りを交通規制してタータンを敷いた

写真を拡大 地図を拡大

 渋谷モディ(渋谷区神南1)沿いのファイヤー通りで11月5日、60メートル走の世界記録に挑戦する「渋谷シティゲーム~世界最速への挑戦~」が開催された。

世界トップレベルのパラアスリートが出場した

 義足の開発を行っているソニー(港区)協賛の下、今月3日~5日に開催された「渋谷芸術祭」の一環として行われた。当日は12時~17時にファイヤー通りの一部(神南一丁目~神南郵便局前)を交通規制し、60メートルのタータントラックを敷き、即席の競技場を設けた。

 この日のために、100メートル(10.61秒)と60メートル(6.99秒)の世界記録を持っている(10月現在)米リチャード・ブラウン選手、今年の世界パラ陸上競技選手権大会200メートル金メダリストでソニーの義足を装着している米ジャリッド・ウォレス選手、リオパラリンピック100メートルで銅メダルを獲得した独フェリックス・シュトレング選手のパラアスリート3人が来日し、60メートル走の世界記録(6.39秒)に挑戦した。

 結果は、1位ブラウン選手=7.14秒、2位ウォレス選手=7.23秒、3位シュトレング選手=7.36秒と世界記録には届かなかったもののハンディーを感じさせない走りを見せた。沿道には多くの観覧者が集まり選手たちに声援や拍手を送った。

 走り終えた3選手は、「人が多くせわしない渋谷のど真ん中で走れていい経験になった」(ブラウン選手)、「会場の雰囲気が最高だった」(ウォレス選手)、「イベントを通してパラリンピックがどういう大会なのか知ってもらえたのでは。障がいのある無しに関係なく、アスリートとしてパフォーマンスを示すことができた」(シュトレング選手)と、それぞれ振り返った。

 オープニングランにはトライアスロンなどをしている長谷部健渋谷区長や400メートルハードルの日本記録保持者である為末大さんらが、エキシビションランには今年の世界パラ陸上選手権4×100メートルリレーで銅メタルを獲得した佐藤圭太選手らが出場。長谷部区長は「道路の真ん中を走れるのはすごい。パラアスリートの活躍を目の前で見ることで、福祉に対する意識や考え方が変わると思う。多くの皆さんに見てもらえるイベント場として渋谷を選んでいただいてうれしい」と話した。為末さんは「走りながら東急(東横店)と西武(渋谷店)がずっと見えていたのが新鮮で、両サイドにお客さんもたくさんいてすごかった」とも。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

渋谷・神山町に牛肉料理店。様々な部位の牛肉を使う料理を提供する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング