食べる

JR渋谷駅ホームの「日清ラ王 袋麺屋」閉店へ 4年弱で38万杯提供

「渋谷の皆さん、さようなラ。」という文字を掲出している店舗外観

「渋谷の皆さん、さようなラ。」という文字を掲出している店舗外観

  •  

 JR渋谷駅山手線内回りホーム上の「日清ラ王 袋麺屋」が10月11日、閉店する。

チャーシューや煮卵などをトッピングして提供する

 日清食品(新宿区)が「日清ラ王」の袋麺バージョン「日清ラ王 袋麺」をPRするため、2012年11月にJRホーム上の広告ラッピングカフェ「アドスタンド」にオープンした同店。店舗面積は17.6平方メートルで、席数はカウンター10席。

[広告]

 ホームページなどで閉店を告知しているほか、店舗外装に同商品のCMに出演している西島秀俊さんの姿と共に「渋谷の皆さん、さようなラ。」などの文字を掲出している。

 袋麺を店内で調理して提供する同店。メニューは、チャーシューや煮卵、メンマなどをトッピングする「しょうゆ」や「みそ」、キクラゲや紅ショウガなどをトッピングする豚骨など5種類を用意。価格は、いずれも1杯263円。今年8月末までに約38万杯売り上げたという。かつて、冷やし中華やつけ麺なども発売時期に合わせて期間限定で提供してきた。

 閉店の理由は「非公表」だが、同社が山手線外回りホームに出店していた即席麺「日清のどん兵衛」のPRショップ「どんばれ屋」も7月31日に閉店。日本レストランエンタプライズ(港区)が展開していた内回りホームのそば店「あじさい茶屋」も営業を終了している。

 袋麺屋の営業時間は10時~22時。