3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

代官山で複合フェス「猿楽祭」 市場、お化け屋敷、ワークショップなど

昨年開催時の市場の様子

昨年開催時の市場の様子

  • 0

  •  

 代官山ヒルサイドテラス(渋谷区猿楽町、TEL 03-5489-3705)で10月9日・10日、「猿楽祭(さるがくまつり)代官山フェスティバル」が開催される。

 2002年に始まった猿楽神社「秋の例大祭」との連動企画が前身に、2005年から「猿楽祭」へと名称を変更。12回目を迎える今回は「代官山ドキッ!」をテーマに掲げる。

[広告]

 3カ所で展開する「広場の市」では、各国の食料品や北欧ビンテージ家具、日本の農産物や物産、植物、書籍、ベビー・キッズアイテム、アートなどを販売。ヘアメークのアドバイスをするブースや、ビストロ「Ata」(猿楽町)、イタリアンバール「ピエトレ・プレツィオーゼ」(港区)などの飲食店も並ぶ。会場にはほかにも「スナックGRAPH」、フレンチレストラン「レストラン・パッション」(猿楽町)によるビュッフェなども用意する。

 「スープストックトーキョー」などを手掛けるスマイルズ(目黒区)の遠山正道社長が「座長」を務めるお化け屋敷「化け楽」では、アートディレクターユニット「キギ」、シンガー・ソングライター田村歩美さんのソロプロジェクト「たむらぱん」、デジタルコンテンツなどを手掛けるクリエーティブ・ラボ「パーティー」(猿楽町)らがお化けマネキンを作る。音楽・選曲は音楽家の渋谷慶一郎さんらが、映像はクリエーティブディレクター東市篤憲さん(A4A)が、それぞれ担当する。

 10日には、レモンサワー専門店「The OPENBOOK」店主の田中開さんと、フードクリエーティブチーム「eatrip」を主宰するフードディレクター野村友里さんによる酒場「うらめし屋」もオープンする。

 そのほか、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」の子ども向けワークショップ、スマイルズのネクタイ専門ブランド「giraffe」による小さいサイズのネクタイ、ブローチなどのアイテム作り、テーブルマナー教室などのワークショップなども予定する。

 開催時間は10時~18時(一部異なる)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞