見る・遊ぶ 学ぶ・知る

表参道で「チームラボ」展覧会 鑑賞者の体に「花」を投影する新作も

鑑賞者の体に「花」のデジタルアートを投影する「Flowers Bloom on People(人に咲く花)」

鑑賞者の体に「花」のデジタルアートを投影する「Flowers Bloom on People(人に咲く花)」

  •  
  •  

 表参道「GYRE(ジャイル)」(渋谷区神宮前5)3階のギャラリー「EYE OF GYRE」(TEL 03-3498-6990)で現在、チームラボ(文京区)の展覧会「teamLab: Transcending Boundaries」が開催されている。

 デジタルアート3作品を展示する同展。新作「Flowers Bloom on People(人に咲く花)」は鑑賞者参加型の作品で、真っ暗な会場の中には人感センサーとプロジェクターを設置。入場した鑑賞者に反応し、体に花のデジタルアートを投影する。鑑賞者が止まっている間、花は咲いているが、動くと散るようになっている。何色の洋服でも映像は投影するが、白い服の方が作品映えするという。

[広告]

 「Flutter of Butterflies Beyond Borders(境界のない群蝶)」は、コンピュータープログラムでリアルタイムに描かれている群蝶(ちょう)図。羽の模様を変えながら舞うチョウは、同じ空間に展示している他の作品の中にも投影することで「作品間の境界を無くし、あいまいにしていく」という。

 開催時間は11時~20時(入館は閉館30分前まで)。入場無料。9月25日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞