新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は7人

食べる

渋谷にサンドイッチ店とスイーツ店「ボン ヴィヴァン」 2フロアで異なる業態

渋谷駅東口エリアを望める3階スイーツ店内

渋谷駅東口エリアを望める3階スイーツ店内

  • 0

  •  

 渋谷駅東口エリアに4月28日、サンドイッチ専門店とスイーツ専門店「Bon Vivant(ボン ヴィヴァン)渋谷店」(渋谷区渋谷1、TEL 03-6418-1955)がオープンした。経営はベイクルーズ(神南1)。

ロールケーキを中心としたスイーツ

 平日は20~30代など若年層のサラリーマンやOL、週末は買い物で渋谷を訪れる主婦層をメインターゲットに、「手軽かつクイックに利用できる健康を考えた店」としてスーパーフードを取り入れたサンドイッチ、「ゆったりくつろぎの時間・空間を提供できる店」としてロールケーキを中心としたスイーツを開発した。店名の「ボン ヴィヴァン」はフランス語で「美食家」を意味する。

[広告]

 場所は宮益坂下交差点のブーランジェリー「ゴントラン シェリエ渋谷店」の上で、イートインスペースとして使っていた3階とカフェテリアを営業していた2階を改装した。店舗面積は各階228平方メートルで、席数は各階65席。

 2階がサンドイッチ店。レタスやトマト、アボカド、エビなどの具材にアマニオイルをかける「エビとアボカドのサンド」(880円)など3種類のサンドイッチを中心に、ケールやキヌア、ブロッコリースプラウトなど5種類のスーパーフードを使うサラダ(1,080円、以上11時以降の提供)、赤・黄・緑それぞれ色別の食材で作るスムージー(各580円)などを用意。モーニング(7時~11時)には、ホットドッグやパニーニ(以上650円)も提供する。客単価は1,000円前後。

 ロールケーキは、その日に作る生地の「ボンヴィヴァンロール」(1カット4.5センチ=350円、1本18センチ=1,200円、数量限定)や、卵白やホワイトチョコを混ぜる生地の「ホワイトロール」(同400円、同1,500円)、抹茶や米粉を加えた生地できな粉と抹茶のクリーム2種類を巻く「抹茶米粉ロール」(同480円、同1,800円)など5種類をラインアップ。そのほか、タルト5種類(530円~600円)、パウンドケーキ3種類(1カット380円~、1本2,200円~)などもそろえる。客単価は800円ほど。

 営業時間は、サンドイッチ=7時~20時、スイーツ=11時~19時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞