渋谷・円山町にトークライブハウス「ロフトナイン」、シネコン「キノハウス」内に今夏開業へ

円山町のシネマ・マルチプレックス「KINOHAUS」外観

円山町のシネマ・マルチプレックス「KINOHAUS」外観

  •  
  •  

 円山町のシネマ・マルチプレックス「KINOHAUS(キノハウス)」(渋谷区円山町)に7月、トークラブハウス「LOFT9 Shibuya」がオープンする。経営はロフトプロジェクト(新宿区)。

「ロフトナイン」が出店する「キノハウス」1階(2011年撮影)

 音楽ライブハウス「ロフト」や1995年にオープンしトークライブハウスの草分けとして知られる「新宿ロフトプラスワン」などを手掛ける同社の新店となる同店。店名は、「ロフト」の屋号を付けた9店舗目のライブハウスであることから「9」を付けた。

[広告]

 円山町はランブリングストリートを中心にライブハウスやクラブが集積するエリアで、「映画や音楽などのカウンターカルチャーが盛んな地域」であることから、「渋谷初のトークライブハウスを出店することの意義を感じている」(同社)という。

 店内は、従来のライブスペースに加え、トークライブ出演者や映画関係の本やグッズなどを販売するコーナーも併設するカフェスペースも設けるオープンなスペースに仕上げる。キャパシティーは、テーブル・椅子設置の場合で100人~130人、椅子のみで150人~180人ほどを見込む。

 ミニシアター・コンプレックス「Q-AXビル」として2006年に開業した同ビルは、2011年に「キノハウス」としてリニューアル。ミニシアター「ユーロスペース」や名画座「シネマヴェーラ渋谷」、多目的劇場「ユーロライブ」、映画美学校で構成している。ビル1階に出店することで、「より広範囲にわたる文化交流を促していきたい」(同)。

 営業時間は12時~24時(17時30分まではカフェ、18時30分~22時30分はトークライブハウス、22時30分~24時はバー)。6月中にカフェスペースを先行オープンし、7月1日にグランドオープン予定。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019