食べる

渋谷ロフトに限定「マヨカフェ」 キユーピー、「マヨネーズの日」に合わせ

ブロッコリー型のオブジェが目を引く店内

ブロッコリー型のオブジェが目を引く店内

  •  
  •  

 渋谷ロフト(渋谷区宇田川町)2階のカフェ「Shibuya City Lounge」(TEL 03-3780-1616)に3月1日、「キユーピー マヨカフェ」が期間限定オープンした。運営はキユーピー(渋谷1)。

ランチに提供するメニュー

 昨年同社が制定した3月1日の「マヨネーズの日」に合わせたもの。20~30代をコアターゲットに、マヨネーズの使い方を工夫する事で「特に野菜との組み合わせの良さ」を伝えることを目的にしている。

[広告]

 席数は87席。店内中央には、マヨネーズボトル型のライトをつるした高さ約2メートルのブロッコリー型のをオブジェを設置し、店内には野菜の写真などをディスプレー。テーブル上には、マヨネーズに関する「トリビア」を書いたランチョンマットを用意する。

 期間中は通常メニューに加えて、マヨネーズを使った料理を提供。ランチ(16時まで)には、昨年同社が協賛した「全国地元食材マヨネーズ料理グランプリ」でグランプリと準グランプリを受賞した料理もアレンジして提供する。メニューは、からしを加えたみそマヨネーズをアクセントにしたグラタンにミニサラダや天然酵母パンなどの「里芋みそマヨネーズグラタンプレート」(1,100円)ほか。

 ディナー(16時以降)には、細切り・皮付きなど3種類からカットを選べるフレンチフライに、バジルやトマト、オリーブなど5種類のマヨネーズディップを付けて食べる「えらべるフレンチフライ 5種のカラフルマヨディップ」(700円)などもそろえる。

 店頭では、「キユーピー 卵を味わうマヨネーズ」(1,350円)やマヨネーズボトル型のマグネットクリップ(200円)、キユーピー人形(100円、6センチ)、パタパタメモ(350円)、ボールペン(450円)などのグッズも販売する。

 営業時間は11時~23時。今月31日まで。1日の目標客数は平日300人、土曜・日曜350人。

  • はてなブックマークに追加