食べる

渋谷で女性向け肉の祭典「肉食女子博」初開催へ 都内10店舗以上が出店

都内の10店舗以上が出店する会場のイメージ

都内の10店舗以上が出店する会場のイメージ

  • 0

  •  

 国立代々木競技場エリア(渋谷区神南2)で7月31日から、女性向けの肉フェス「肉食女子博」が初開催される。主催はエイベックス・ライヴ・クリエイティヴ(港区)。

会場イメージ

[広告]

 今年3月に開催した「ラーメン女子博15’-Ramen girls Festival-」の好評を受け、「女子博シリーズ」第2弾として企画したもの。同期間国立代々木競技場第一体育館を中心に展開するエンターテインメントタウンフェス「a-nation island」との併催となる。

 オフィシャルサポーターを務める「肉マイスター」として活動する田辺晋太郎さんと、フードジャーナリスト里井真由美さんが選んだ肉料理店を提供する都内の10店舗以上が出店し、女性向けに開発した同イベント限定のオリジナルメニューなどを提供。場内にはスイーツを提供するブースも用意する。

 出店するのは、近江黒鶏のかしわ焼きを主力にする「かしわビストロ バンバン」(神泉町)、薄切りにした豚ロースをミルフィーユ状に25層重ねて揚げるトンカツが特長的な「キムカツ」(恵比寿4)、ステーキなどを提供するNY発カジュアルダイニング「クリントン・ストリート・ベイキング」(港区南青山5)など広域渋谷圏に店舗を構える店舗や、焼き肉店「コソットSP」(港区)、完全予約制のもんじゃ・鉄板料理店「もんじゃ大木屋」(中央区)、両国国技館内の地下で焼かれている焼き鳥で知られるレストラン「雷電」(墨田区)などを予定。

 開催時間は12時~20時。入場料は1日500円(男性も入場可能)。8月6日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース