新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は254人

見る・遊ぶ 買う

渋谷モディに今秋「HMV」再出店へ 書籍・音楽を融合した複合店舗

「HMV&BOOKS TOKYO」が出店する「渋谷モディ」の外観イメージ

「HMV&BOOKS TOKYO」が出店する「渋谷モディ」の外観イメージ

  • 0

  •  

 渋谷に今秋、英発音楽・映像ソフト販売チェーン「HMV」が再出店する。経営はコンビニ大手ローソン(品川区)の子会社ローソンHMVエンタテイメント(同)。

[広告]

 かつての「HMV渋谷」は、1990年に日本1号店としてBunkamura通りの「ONE-OH-NINE」内に開業し、1998年に渋谷センター街の商業ビル(現・フォーエバー21)へ移転。フラッグシップショップとして渋谷の地で計20年にわたり営業していたが、2010年に惜しまれつつも閉店した。

 新店舗の名称は書籍と音楽を融合したエンターテインメント複合店舗という思いを込めた「HMV&BOOKS TOKYO」。同業態の1号店で、HMVの旗艦店に位置付ける。昨年、アナログレコード・CDの中古専門店「HMV record shop渋谷」(渋谷区宇田川町)は出店したものの、旗艦店出店は5年ぶりとなる。既存の店舗は30代~40代の男性が中心客層である中、同店は30~40代の女性をコアターゲットに据える。

 出店先は「マルイシティ渋谷」(神南1)が業態転換してオープンする「渋谷モディ」内。同施設の核となる5~7階の3フロアにまたがるブックス&カルチャーフロアで、売り場面積は約1815平方メートル。4フロアで約2644平方メートルあった「HMV渋谷」より規模は小さいが、4月14日現在展開するHMV54店舗の中では最大の広さとなる。書籍用の什器などを新たに導入するほか、内装の色調なども既存店舗とは「ガラっと変わる」見込み。

 取扱商品は書籍、音楽・映像ソフト、グッズなどで商品数は約50万点。メーン商材となる書籍は50%以上を占める予定で、音楽のみならず旅行や料理など幅広い意味でのエンターテインメント分野をそろえる。グッズは雑貨や文具なども展開予定。チケット販売の「ローソンチケット」カウンターの設置や、店内での映画上映企画、映画とのコラボ商品など、グループ各社のエンタメコンテンツと融合した独自の商品・サービスも検討している。

 店内にはカフェも併設するほか、数十人~300人など規模に合わせて可変させるイベント専用スペースも設置。イベントにも力を入れ、アーティストのミニライブのほか作家のたちのトークショーなどを定期的に開くという。

 営業時間は11時~23時を予定。同社は今後、同業態の全国への店舗展開を予定している。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース