食べる 買う

原宿・明治通りに新商業施設「キュープラザ」開業へ-飲食中心に18店舗

神宮前交差点方面から見た外観

神宮前交差点方面から見た外観

  •  
  •  

 原宿・明治通り3月27日、都心型商業施設「キュープラザ原宿」(渋谷区神宮前6)が開業する。事業主は東急不動産(渋谷区道玄坂1)、運営はグループ会社の東急不動産SCマネジメント(同)。

渋谷方面から見ると緑色のフィンが見える外観

 渋谷や表参道、青山など広域渋谷圏一帯で開発を進めている同社。渋谷駅周辺で再開発が進む中、神宮前交差点に2012年に東急プラザ表参道原宿(神宮前4)を開業。渋谷エリアと原宿・表参道エリアをつなぐランドマークとして、2012年9月に閉館した商業施設「b6」跡である同所の開発を進めてきた。

[広告]

 同社の代表ブランドで多数の専門店で構成する「東急プラザ」に対し、利便性の高いエリアで立地特性に合わせた少数テナントで構成するのが「キュープラザ」。原宿は同ブランド1号物件となる。アパレルや雑貨など物販が中心の東急プラザ表参道原宿との回遊性を視野に飲食店を多く誘致。30代の女性をコアターゲットに「気分のスイッチを切り替えられる」空間や時間を提供するという。

 敷地面積は約655坪で、延べ床面積は約2500坪。高さ約45メートルの施設は、明治通りに面した地下2階~地上11階建てと、エントランスアプローチを進んだ奥に位置する地下1階~地上2階建ての2棟で構成。エレベーターは3基。デザイン設計には、代官山T-SITE(猿楽町)などを手掛けている建築家ユニット「クライン・ダイサム・アーキテクツ」をコンペティションで選定した。

 全体のカラーは白を基調にまとめ、「フィンをまとった」ファサードは、明治通りを神宮前交差点側から渋谷方面を望む際には渋谷の「ポップなカルチャー」を表現したピンク、渋谷方面から神宮前交差点方面を望む際には明治神宮の森などを連想させる緑のフィンがそれぞれ見える。館内は生物多様生保全に配慮した緑化も実施。共用テラス3カ所(2階・3階)に加え、5テナントの6カ所にはテラス席を作れるよう設計。テラスと外溝には計約210本の高木を植え、テラスは約120平方メートルを壁面緑化した。

 総テナント数は18店舗。明治通り沿いに設けるメゾネット区画(1~2階、285坪)には、セレクトショップを展開するアーバンリサーチ(本社=大阪市西区)のファストファッションブランド「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)by URBAN RESEARCH」の旗艦店が出店。フラワーショップやカフェを併設するほか、2階には「旅するキッチン」をテーマにさまざまな産地の食材を季節に合わせて使う新業態のレストラン「TINY GARDEN KITCHEN」も出店する。

 飲食店は11店舗。スペースシャワーネットワーク(港区)が手掛けるエンターテインメントとのコラボカフェ「AREA-Q」(7階、100席)、和のメニューを増やした「GOOD MORNING CAFE&GRILL キュウリ」(3階、約59坪、82席)、ステーキやシーフードなどのグリル料理を提供するステーキ&バー「SIXMARS Steak & Bar」(10~11階、約78坪、87席)などの新業態店をはじめ、ポートランド発老舗パンケーキレストラン「The Original PANCAKE HOUSE」の国内2店舗目(8階、67坪、80席)などエリア初出店の店舗などをラインアップ。

 サービス店舗は、映画「シザーハンズ」のモデルとなったエドワード・トリコミさんが手掛けるNY発ヘアサロン「WARREN・TRICOMI(ウォーレン・トリコミ)NEW YORK」日本1号店(地下1階、約40坪、11面)をはじめ、「トレンド」と「エッジ」を利かせたテイストをベースにしたヘアスタイルを提案する美容院「Grow」(6階、20面)、教室4部屋を設置するフランス語教室「エスパス・ラング東京」(5階)など5店舗を集積する。

 奥に位置する建物は、ブライダル大手のテイクアンドギヴ・ニーズグループのブライズワード(名古屋市)が結婚式場(約57坪、着席120人)とバンケット(約57坪、着席で最大106人)を併設した「HARMONIE SOLUNA(アルモニーソルーナ)表参道」で、同社はウエディングにも対応するレストラン「NEO BSTRO SOLUNA」(72坪、着席で最大106人)も出店。7メートルの天井高を生かしたチャペルや、天窓から自然光が差し込む明るいバンケットが特徴。山本秀正シェフが監修するレストランはフレンチをベースに提供するほか、「高速ビールサーバー」を導入する。

 開発を担当した東急不動産都市事業ユニット・都市事業本部・商業施設開発部・事業企画グループの後藤佑介さんは「東急プラザ表参道原宿と共にエリアを活性化させ、渋谷の再開発につなげていきたい」とし、「テラスが売りなので、気軽に利用いただきつつ、『ほかの店舗も見てみたい』と思っていただける施設づくりをしていきたい」と意欲を見せる。

 共用2階テラスの営業時間は11時~21時(テナントの営業時間は店舗により異なる)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019