食べる 買う

ラフォーレ原宿が春の改装-発信力強化、フードゾーン新設も

31区画を改装するラフォーレ原宿の外観

31区画を改装するラフォーレ原宿の外観

  • 0

  •  

 ラフォーレ原宿(渋谷区神宮前1)が現在、春の改装を進めている。対象区画は、新規出店・リニューアル合わせて31区画。

豪発メキシカン「グズマン イー ゴメズ」の店内イメージ

 「高感度な」ブランドや若手クリエーターのクリエーティブなどを中心に、背景にあるカルチャーやコンセプトを重視したブランド・ショップを導入。東京が持つ「多面的かつ個性的な新しい可能性」を、世界を意識して発信していくという。

[広告]

 2月1日に突如閉店したことで話題となった「トップショップ/トップマン」跡の明治通りに面した区画には、「A BATHING APE」を手掛けていたことなどで知られるクリエーティブ・ディレクターNIGOさんのコンセプトショップ「STORE by NIGO」が出店を控える。NIGOさんのクリエーティビティーや、交友関係から生まれる新しいプロジェクトを形にする「コンテンツ可変型」のショップになるという。

 同じく1階には、オランダ出身の建築家レム・D・コールハースさんと、英老舗シューズブランド「クラークス」の靴職人ガラハド・クラークさんが手掛けるシューズブランド「UNITED NUDE」がオープンする。

 そのほか、「食べ物の標本」をコンセプトに、本物の菓子や食品を使ったアクセサリーを提案する「ROTARI PARKER(ロタリパーカー)の旗艦店、モデルの瀬戸あゆみさんがデザイナーを務める「Ayumi in the batty girls」を中心としたセレクトショップ「BATTY GARAGE BYAYMMYS(バッティーガレージ バイ エイミーズ)」なども新規出店を予定する。

 4月下旬には、2階に本格的なフードゾーンを新設。オーストラリア発メキシカンダイナー「Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ)」の日本1号店や、広尾に店舗を構えているフレンチフライ専門店「AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)」、韓国発アイスクリーム専門店「MILKCOW(ミルクカウ)」が出店を予定している。

 リニューアルでは、ファッションやカルチャー、ビューティーなど同館の視点で「今面白いと思うもの」を期間限定で提案してきた「コンテナ」を移転拡張。売り場面積が従来の約8倍になるという店内には6つの異なる空間でコンテンツを編集し、これまでできなかった大型の企画も行っていくという。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞