3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

外苑前の多国籍料理店でロシアの朝食-ソバの実の「カーシャ」など

そばの実を牛乳で煮た粥(かゆ)のような「カーシャ」などを盛ったプレート(1,650円)

そばの実を牛乳で煮た粥(かゆ)のような「カーシャ」などを盛ったプレート(1,650円)

  • 0

  •  

 青山キラー通りにある「世界の朝食」を提供する多国籍料理店「WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)」(渋谷区神宮前3、TEL 03-3401-0815)が1月7日から、ロシアの朝食を提供する。

 2013年のオープン以降、「朝ごはんを通して世界を知る」をコンセプトに掲げ、2カ月ごとに1つの国をフィーチャーし朝食を提供している同店。第11弾として取り上げるのはロシア。

[広告]

 提供するのは、ソバの実を牛乳で煮た粥(かゆ)のような「カーシャ」や、イクラやサーモンなどを包んだクレープのような「ブリヌイ」、ハンバーグとコロッケの中間のような「カトレータ」、冬のビーツのサラダ、キノコのピクルスを盛ったプレート(1,650円)。麦類を発酵させて作るドリンク「クワス」や蜂蜜のケーキなども用意する。

 連動企画として、実際にロシアを旅するツアーを初企画。5泊7日の同ツアーでは、ロシアの一般家庭を訪問して朝ごはんを食べたり、現地の市場やスーパーマーケットを巡ったり、マトリョーシカの絵付け体験などを行ったりする。出発日は3月13日。参加費料は1人28万8,000円(別途燃油サーチャージ料などがかかる)。

 営業時間は7時30分~21時。2月末まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞