食べる

広尾にチョコバー「マックスブレナー」国内3店舗目-初のパーティーメニューも

「チョコレート色」を基調にした店内

「チョコレート色」を基調にした店内

  •  
  •  

 広尾駅近くの商業施設「広尾プラザ」(渋谷区広尾5)1階に12月13日、イスラエル発チョコレートバー「MAX BRENNER(マックス ブレナー)CHOCOLATE BAR広尾プラザ店」(TEL 03-6450-2400)がオープンした。経営はトランジットジェネラルオフィス(港区北青山3)の子会社トランジットチョコレートサプライ(同)。

国内初展開するパーティーメニュー

 米NYに本社を構える同社は1996年にイスラエルで創業し、現在も同国内の工場でチョコレートを作っている。NYなど米国内をはじめ世界位40店舗以上を展開。日本国内では昨年11月に1号店を表参道ヒルズ(神宮前4)内に、同年12月に2号店を東京ソラマチ(墨田区)内に、それぞれオープンした。

[広告]

 来店客は、表参道ヒルズ店は20~30代の女性が中心、東京ソラマチ店はファミリー層や観光客が多いという。かねて日本に住む外国人にもアプローチを図りたいと考えていたこともあり、大使館が多くインターナショナルスクールもある広尾エリアへの出店を決めた。

 店舗面積は156.24平方メートル。席数は60席を用意する。店舗は世界共通のデザインで、「チョコレート工場」をイメージ。ダーク・ミルク・ホワイトなどの「チョコレート色」を基調にした空間に仕上げ、天井にはパイプを張り巡らせる。店内にはチョコレートマシン2台を置いている。

 既存店で提供するメニューに加え、チョコレートチャンクにミックスベリーやキャラメルソースをかけた「トゥッティフルッティピザ」(2,500円、ハーフサイズ1,250円、6分の1サイズ450円)を同店限定で提供。日本初展開となるパーティーメニューとして、ミニサイズのスイーツ4品などの「マックス フェイバリット パーティープレート」(3,000円)や、フルーツなどでチョコレートスポンジケーキをデコレーションできる「BYO(Build Your Own)ケーキ」(2,000円)などを用意。「チョコレートバーガー」などをのせる「マックス キッズプレート」(2,800円)など子ども向けのメニューもそろえる。想定客単価は1,000円。

 加えて初の試みとして、時間・席数限定で席の予約を受け付ける(対象日は2015年1月5日~、人数は2人~12人)ほか、テークアウト商品「ファストマックス」の受取時間を指定できるサービスも用意する。

 営業時間は9時~21時(土曜・日曜・祝日は8時30分~)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞