買う

スパイラルでテキスタイルデザイナーの「傘展」-梅雨を前に新作アピール

アトリウムには広げた雨傘を天井からつるした

アトリウムには広げた雨傘を天井からつるした

  •  

 スパイラル(港区南青山5、TEL 03-3498-1171)1階スパイラルガーデンで現在、テキスタイルデザイナー・鈴木マサルさんの傘展が開催されている。

隣接するカフェではテキスタイル作品をクロスに使う

 1968(昭和43)年千葉県生まれの鈴木さん。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、粟辻博デザイン室に勤務。1995年に独立、2005年にファブリックブランド「OTTAIPINU(オッタイピヌ)」を立ち上げた。2010年AWコレクションからフィンランドのライフスタイルブランド「マリメッコ」のデザインを手掛けるなど、国内外のメーカー・ブランドのプロジェクトに参画している。

[広告]

 鈴木さんは2011年から、洋傘・レイングッズなどの企画・製造・販売を手掛けるムーンバット(京都市下京区)とコラボした傘シリーズ「OTTAIPNU KASA COLLECTION(オッタイピヌ傘コレクション)」を展開している。同展では、傘の使用が増える梅雨入り前の季節に新作を中心にアピールする。

 吹き抜けになっているアトリウムでは雨傘を開いて天井からつるすなど、場内には2011年~2014年のコレクションほぼ全てとなる100本の傘を展示。併せて、鈴木さんが発表した代表的なテキスタイル作品もディスプレー。場内に設置したモニターでは、作品のデザインを使い同展に向け制作した映像作品を場内限定で上映する。隣接するカフェでは、鈴木さんのテキスタイル作品をテーブルクロスとして使っている。

 場内では今年のコレクションを中心に傘を販売。商品は、猫柄やスズメ柄など4柄各3色を用意する雨傘(各1万2,960円)や、しま模様のサル柄とプードル柄の2種各3色展開の日傘(各2万7,000円)。今年初めて展開する折り畳み傘(8,525円)は、レッサーパンダ柄など3種各4色をラインアップする。

 開催時間は11時~20時。入場無料。5月18日まで。