新型コロナ関連渋谷区、新規陽性患者は254人

買う

中目黒に日用品セレクト店「ブリック&モルタル」-初の実店舗

ガラス張りのファサード

ガラス張りのファサード

  • 0

  •  

 中目黒・駒沢通り近くに3月、セレクトショップ「BRICK & MORTAR(ブリック&モルタル)」(目黒区中目黒1、TEL 03-6303-3300)がオープンした。経営は村上美術(港区南青山4)。

食器・ガーデニング品・書籍などさまざまな商品が並ぶ店内

[広告]

 同社が2006年から手掛けているブランド「amabro(アマブロ)」とセレクトアイテムを扱う、同社初の直営実店舗。同ブランドが、和食器・ベビー&キッズアイテム・インテリアと異なるアイテム3種を展開しており、「一緒に見せられる場が必要」と感じたことから出店を決意。「アマブロの中ではできなかった新しい表現ができるのでは」と、セレクトショップの業態を選んだ。店名は、ECと対比して対面販売を行う実店舗を指す言葉。

 出店場所は1年ほど前から探し、「建物の雰囲気に引かれ」同所を選んだ。店舗面積は約30坪。ファサードはガラス張り。店内壁面は通常下地に使われる木材をむき出しで使うほか、床はグレーに塗装。店内にはビンテージの家具などを配置するなど、商品が映えるよう「シンプルに」仕上げた。

 商品構成比率は、アマブロ3対セレクト7程度。アマブロの商品は、17世紀のデザインの上に現代のデザインを金彩で描いた有田焼の豆皿「MAME」(1,404円)や、スタイ(2,700円)、ロンパース(6カ月~1歳、5,076円)、金属作家・花里政信さん(FORM)とコラボした真ちゅうのタイハンガー(1,512円)、靴べら(1,620円)など。セレクト商品は、グアテマラの刺しゅうタオル(3,240円)やNYのブランド「イゾラ」のシャワーリング(2,052円)、ハンカチ(1,728円)などで一点物も多い。

 オリジナル商品として、トロフィーとロゼットのブランド「ワイトロフィー」のセミオーダーロゼット(1,944円)を用意。同店限定のリボンと中央のデザインを選ぶことができる。店内に奥に設けるブックコーナーには、ブックス&ギャラリー「スノウショベリング」(世田谷区)のオーナー中村秀一さんがディレクションした書籍が並ぶ。

 現在は30代のファミリーや40~50代の主婦など、近隣に住んでいる人の来店が中心。同社マネジャーで営業担当の森北菜摘さんは「地元に根付いた店を目指し、中目黒を盛り上げていきたい」と意欲を見せ、「商品のクセや愛嬌(あいきょう)を気に入ってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は12時~20時(日曜・祝日は19時まで)。月曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース