見る・遊ぶ 買う

南青山「アニエスベー」で女性写真家のパンク写真展-クラッシュやピストルズなど

パンクロッカーの姿を収めた写真が並ぶ

パンクロッカーの姿を収めた写真が並ぶ

  • 0

  •  

 表参道駅近くの「アニエスベー青山店」(港区南青山5、03-3797-6830)で現在、女性写真家シーラ・ロックさんの写真展「PUNK+」が開催されている。

ファサードも「PUNK+」の装飾を施している

[広告]

 ハワイ生まれのロックさん。パンク・ロックの「全盛」、1976年当時にロンドン在住で、パンクシーンを捉えた撮影した写真が「注目された」ことから本格的に写真家としての活動を開始。昨年、パンクシーンを収めた写真集「PUNK+」(英FIRST THIRD BOOKS)を発売した。

 店内では、「ザ・クラッシュ」、「セックス・ピストルズ」のベース、シド・ヴィシャス、ボーカル、ジョニー・ロットンさん、「スージー・アンド・ザ・バンシーズ」のボーカル、スージー・スーさん、「ブロンディ」のボーカル、デボラ・ハリーさんなどの姿を収めた写真29点を展示している。

 併せて同店などでは、「PUNK+」の写真を転写したTシャツ(1万500円または1万1,500円)や、パンクミュージックのコンピレーションアルバムを収録したMP3プレーヤー「PLAY BUTTON」(3,360円)のほか、パンクやロックからインスパイアされた同ブランドの春夏コレクションを販売している。

 営業時間は11時~20時。3月31日まで。同展はレコードショップ「1977 RECORDS」(渋谷区恵比寿西1=4月4日~同30日)、代官山蔦屋書店(猿楽町=同16日~同30日)でも開催予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース