食べる

アトレ恵比寿に「朝食」テーマのカフェ「バターグランデ」-東京初出店

「バロック&アンティーク」をコンセプトにした店内

「バロック&アンティーク」をコンセプトにした店内

  • 0

  •  

 アトレ恵比寿(渋谷区恵比寿南1)4階に12月6日、朝食をテーマにした「Butter GRAND(バターグランデ)」(TEL 03-5475-8334)がオープンする。経営は飲食店の企画・運営を手掛けるスイーツデザインラボ(大阪市北区)。

薄く焼いた生地を丸めた形が特徴的なアトレ恵比寿店限定「大人のパンケーキ」

 パンケーキ専門店「Butter(バター)」6店舗、フレンチトースト専門店「Hug Frenchtoast cafe(ハグ フレンチトーストカフェ)」2店舗を展開している同社。パンケーキ店の出店が相次ぐ中、「パンケーキの次に来るもの」を検討し、同社が展開する2ブランドの「こだわりを引き継いだ」業態としてバターグランデを立ち上げ。今年11月、バター淀屋橋(大阪市中央区)を試験的にバターグランデに業態変更した。アトレ恵比寿店は同業態2店舗目となる。コアターゲットは20~40代の女性。

[広告]

 店舗面積は132.77平方メートル。席数は70席。店内は「バロック&アンティーク」をコンセプトにした空間。白を基調に、壁面にはアンティーク柄、フォークとナイフのアイコンなどを黒で描いた。テーブルは白で統一し、椅子は異なるデザインのものを使っている。

 生地のベースには北海道産小麦を使用し、北海道産発酵バター、北海道産の牛乳とビートグラニュー糖だけで作る「水切りヨーグルト」を混ぜ込むパンケーキや、ココナツオイルで焼き上げるフレンチトースト、エッグベネディクト4種(860円~1,050円)、クレープ3種(1、080円)、ガレット3種(980円~1,080円)などを「日本人に合うようローカライズして」提供する。

 パンケーキ・フレンチトーストはともにスイーツ系・食事系を用意。パンケーキ=リコッタチーズを混ぜ込んだ生地をアパレイユに漬け込み、窯で二度焼きする「窯出しフレンチパンケーキ」(880円または1,200円)ほか。フレンチトースト=塩コショウ・チーズを加えたアパレイユに漬け込んだフレンチトーストとマスタードソースで仕上げた鶏肉を盛った「ソースマスタードチキンのフレンチトースト」(1,150円)などもラインアップ。15時以降はパスタやご飯もの、ハンバーグなどの食事メニューも提供する。

 同店限定メニューとして、薄く焼いた生地を丸めたパンケーキ3枚に、フレッシュ・コンフィチュール・ソース3種のオレンジをトッピングした「トリプルオレンジのシュゼットロールパンケーキ」(1,200円)など、「大人のパンケーキ」3種を用意する。想定客単価は1,400円。

 同社業態開発室長の後閑昇さんは「『朝ごはん=ヘルシー』というイメージや、朝早起きすると気持ちよかったりする時間的な感覚、空間、味を一日中提供していきたい」と意欲を見せる。「朝ごはんはシンプルなイメージがあると思うので、それをいかにアレンジできるか。お客さまの意見を聞きながらさらに進化させていきたい」とも。

 営業時間は10時~22時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home
超!シブヤ経済新聞