見る・遊ぶ

青山で「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」-国内初公開長編8作など

オープンにング作品、70代のおばあちゃんカップルの逃避行ロードムービー「夕立ちのみち」(トム・フィッツジェラルド監督)より

オープンにング作品、70代のおばあちゃんカップルの逃避行ロードムービー「夕立ちのみち」(トム・フィッツジェラルド監督)より

  •  
  •  

 スパイラルホール(港区南青山5)で9月14日から、セクシュアリティやジェンダーをテーマにした映画を紹介する「第21回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が開催される。

 1992年、中野サンプラザ(中野区)の研修室を会場にセクシャル・マイノリティー解放運動の一環としてスタートした同祭。毎年、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)をテーマにした映画を上映。昨年は延べ4000人以上が来場した。

[広告]

 長編作品はいずれも国内初上映となる8作。オープンング作品となる70代のおばあちゃんカップルの逃避行ロードムービー「夕立ちのみち」(トム・フィッツジェラルド監督)を皮切りに、ベルリンを舞台に繰り広げられるコメディー「ベルリン・ラブ・パニック」(ロベルト・ハスフォーゲル監督)、10代の2人の少年の初恋・性の目覚めを描いた成長物語「ノース・シー 初恋の海辺」(バヴォ・ドフュルヌ監督)などをラインアップ。海外ドキュメンタリープログラムでは、1969年の「ストーンウォールの反乱」をきっかけにアメリカの同性愛者たちの権利運動の「リーダー」であったヴィト・ルッソの半生を追った「VITO/ヴィト」(ジェフリー・シュワルツ監督)を上映する。

 アジアの若手監督の短編映画「アジアボーイズ短編集」では、カミングアウトしようとする息子と母親の気持ちを描いた「アンコール」(アンソニー・レン監督、台湾)ほか4作品、観客投票でグランプリを決める国内の短編映画「レインボー・リール・コンペティション」では、宮崎光代監督の祖母の人生経験を映画化した「TSUYAKO」ほか4作品を上映する。

 期間中スパイラルガーデンでは、LGBTをテーマにした美術展「Alfa Romeo presents LGBT ART 2012 be yourself」も同時開催。クッキーアーティストCookieboyさんや、写真家レスリー・キーさん、書道家で芸術家のMAAYA SHOさん、「PATER’S Shop and Gallery」(渋谷区神宮前2)、「どっきん実験室ギャラリー」(新宿区)などが参加予定。開催時間は11時~20時(初日のみ16時まで)。入場無料。

 13日(19時~24時)には映画祭公式パーティー「Le grand bal」を開催する。参加料は4,500円ほか。

 上映時間などはホームページで確認できる。鑑賞料は当日1回券1,500円ほか。今月17日まで。

  • はてなブックマークに追加