食べる

渋谷・神南にコーヒーショップ「フィルバート ステップス」-ベイクルーズが新業態

「西海岸のテイスト」を取り入れた店内。コーヒーの器具や書籍などの小物をディスプレーする

「西海岸のテイスト」を取り入れた店内。コーヒーの器具や書籍などの小物をディスプレーする

  •  
  •  

 渋谷・神南に7月、コーヒーショップ「FILBERT STEPS(フィルバート ステップス)」(渋谷区神南1、TEL 03-5428-3658)がオープンした。経営はベイクルーズ(同)。

店頭にはテラス席も用意する

 カフェとコンセプトショップを併設した店舗を業態変更。リニューアルにあたり、一昨年から昨年に同社スタッフがアメリカに赴いた際、コーヒーの「サードウエーブ(第3波)」が来ていることを耳にし、コーヒーショップの立ち上げを決めたという。大量生産などに対し嗜好品の一つとしてコーヒーを楽しむサードウエーブが主に西海岸から始まっている動きであることから、店名はサンフランシスコにある階段「フィルバート ステップス」から命名。「COFFEE GEEK FRIENDLY=コーヒー好きが集う場所」をテーマに据える。

[広告]

 店舗面積は142平方メートル。席数はテラス席を含め96席。「西海岸のテイスト」を取り入れたという店内は、乾いた木材やモルタル、石を使用。豆をひくコーヒーグラインダーやコーヒーケトルなどの器具、コーヒーに関する書籍など「コーヒーギーク」をイメージした小物をディスプレーする。

 バリスタがひきたて・入れたてを提供する同店。コーヒーは、ブラジルとグアテマラ産の豆をブレンドしたオリジナルの「フィリースペシャルブランド」(ホット380円、アイス480円)、常時2~3種の豆を用意する「シングルオリジン(単一農園)コーヒー」(現在の豆はコスタリカ・プエンテ・タラスとインドネシア・マンデリン・ワハナ、同480円~、同580円~)、国際審査会で受賞した豆を使う「プレミアムシングルオリジンコーヒー」(現在の豆はホンジュラス・サンティアゴ・プリングラ、同580円~、同680円~)を用意。抽出方法は、ペーパーフィルターを使った「ドリップスタンド」、フレンチプレス、ドリッパートサーバーが一体になったガラス製の抽出器具「ケメックス」から選べる。

 フードは、5種日替わりのサンドイッチ(580円)のほか、「ビックマフィンケーキ」(380円)やスコーン(250円)、「ブラウニーケーキ」(380円~)、クッキー(180円)などのスイーツを用意。ランチ(11時30分~15時)には、サンドイッチとサラダ、スープ、ドリンクのセット(880円)を提供する。客単価は500円ほど。

 オープン後は、男性は30代、女性は20代後半を中心に来店があり、週末には20代前半など若者の来街者が増えるという。同社VMD事業部フード担当の三木穣さんは「使う豆は定期的に変わるので、コーヒー好きの方には来店いただきたい。コーヒーの楽しみ方を伝えていければ」と話す。

 営業時間は8時30分~20時(土曜・日曜・祝日は11時30分~)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞