渋谷・神宮前に「バー こたつ」-デザイン事務所が限定オープン

畳を敷き、こたつを配した空間で、おでんや熱燗を提供する

畳を敷き、こたつを配した空間で、おでんや熱燗を提供する

  • 0

  •  

 渋谷・神宮前の一角に現在、期間限定で「BAR KOTATSU(バー こたつ)」がオープンしている。

 場所は、デザイン事務所「スープ・デザイン」(渋谷区神宮前5)が運営するスペース「Raum1F」(同)。昨年7月、社長の尾原史和さんが「街に突然できた場所に知らない人たちが集まって、つながることができる場所になれば楽しいのでは」と、同所でバー「KAYA」を限定で開いた。今回、季節が冬ということから「こたつ」としてオープンした。

[広告]

 期間中、空間に畳を敷き、同社スタッフらが所有する書籍やアートをディスプレー。中には客として来店した写真家が「飾りたい」と持参した作品もあるという。こたつは3卓(最大12席)を用意し、畳に座ることができるほか、カウンター席を備えロッキングチェアも置く。

 メニューは、卵や大根、サトイモ、シソを練り込んだ「しそ棒」、紅ショウガや小松菜などを練り込んだ「松陰ジンジャー」(以上各100円)などのおでん、「サトイモとキノコと長ネギの豆乳グラタン」(700円)、オリーブ(400円)、チーズ盛り合わせなどの一品料理を提供。ドリンクは、ベルギービール「ヒューガルデン ホワイト」、九頭龍、「王祿 純米 山田錦80% 生原酒」など約10種をそろえる熱かん(以上各800円)、「山猿」「山ねこ」などの焼酎(700円)、ワイン、カクテル、ソフトドリンクなどをそろえる。

 利用客は、アパレルやデザイン、音楽、出版関係に従事する30代男女が中心。近隣で働く人の来店も増えているほか、「KAYA」からのリピーターも多いという。尾原さんは「どなたにご来店いただいても楽しめる、老若男女いろいろな人と話せる家のような空間を作ることができれば」と話す。

 営業時間は20時~24時。土曜・日曜定休。2月29日まで。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞