渋谷C.C.Lemonホールが「渋谷公会堂」に-ネーミングライツ終了で

レモン型の看板が目を引くエントランス。サイドには「C.C.Lemon」のラッピングを施した自動販売機も

レモン型の看板が目を引くエントランス。サイドには「C.C.Lemon」のラッピングを施した自動販売機も

  •  
  •  

 渋谷C.C.Lemonホール(渋谷区宇田川町)のネーミングライツが9月30日に終了し、10月1日から「渋谷公会堂」の名称に戻る。

「渋谷C.C.Lemonホール」の外観

 東京オリンピックの重量挙げ会場として1964(昭和39)年に開設され、多目的ホールとして長年親しまれてきた渋谷公会堂。新たな収入源確保などを目的に渋谷区初の試みとして命名権を導入した。

[広告]

 年額8,000万円に消費税を加えた計4億2000万円で権利を取得した電通(港区)が大手飲料メーカーのサントリーに権利を転売し、同社の炭酸飲料「C.C.Lemon」の商品名を命名。2006年10月1日から5年間契約で「渋谷C.C.Lemonホール」として運営されてきた。

 渋谷区によると、サントリーサイドからの継続の話もなく、今後の売却先も決まっていないという。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞