渋谷のクラブ「ラ ファブリック」が閉店-「ゼロゲート」開業から8年

「ラ ファブリック」店内の様子。海外からのゲストも多く、ファッション関連のイベントでもにぎわった

「ラ ファブリック」店内の様子。海外からのゲストも多く、ファッション関連のイベントでもにぎわった

  •  
  •  

 渋谷・スペイン坂下の商業施設「ゼロゲート」(渋谷区宇田川町)地下1階で8年以上にわたり営業を続けてきたクラブラウンジ「LA FABRIQUE(ラ ファブリック)」(TEL 03-5428-5100)が9月末で閉店する。

 同店は2002年4月、飲食店経営やプロデュースなどを手がけるミュープランニングアンドオペレーターズ(港区)の関連会社ファジアレストラン東京(同)が同施設開業とともにオープン。パリの下町・職人街としても知られるバスティーユ地区に1998年にオープンした本店の「2号店」として、本店同様のコンセプトを前面に打ち出し、欧米や日本の「良質な音楽」を紹介してきた。

[広告]

 エレクトロパーティー「VANITY」をはじめ、ファッションブランドや「ナイロン ジャパン」「VICE」などの雑誌と組んだ企画などの定期イベントも多く、ファッション性の高い若者を中心に人気を集める一方、店内ではコース料理など本格フレンチも提供。混雑時には、赤を基調にした天井高約8メートルのフロアやVIPルームなどをオーディエンスが埋め尽くした。

 ゼロゲートを運営するパルコは、同店閉店後の出店テナントについて「非公開」としている。

 営業時間は11時~24時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞