ラフォーレ原宿が春のリニューアル-新規9店舗含む14区画

ラフォーレ原宿が新規出店9店舗を含む14区画をリニューアルする。写真=地下0.5階に新規出店するレディスブランド「MiiA」のイメージ図

ラフォーレ原宿が新規出店9店舗を含む14区画をリニューアルする。写真=地下0.5階に新規出店するレディスブランド「MiiA」のイメージ図

  •  
  •  

 ラフォーレ原宿(渋谷区神宮前1、TEL 03-3475-0411)の春のショップ改変の詳細が明らかになった。新ショップは2月5日から順次オープンする。

 今回のリニューアルでは、「独自の世界観」「新しい価値観」「ファッションをはじめ、新たな仕掛けを提案するブランド」など「原宿のファッションシーンに新たな刺激を与える、ネクスト・パワーブランド」を集積するという。リニューアル区画は新規出店9店舗を含む14区画。

[広告]

 リニューアルの「目玉」は、3階に日本1号店をオープンするロサンゼルス発のブランド「JOYRICH(ジョイリッチ)」。フラッグシップショップとなる同店では、オリジナルアイテムをフルラインアップするほか、セレクトブランドとのコラボレーション商品などを扱う。

 同ブランドの国内展開を行うアートワークス(千駄ヶ谷3)の奥出貴ノ洋さんは「国内での取引先も増えてきていたので国内での出店は考えていた。原宿は外資系のブランドも増えてきており、ファッション・カルチャーとしても盛り上がってきているので出店を決めた」と話す。「『ジョイリッチ』という名前は聞いたことがあるが、どういうブランドか分からない方もいる。知名度の安定につながれば」と期待を寄せる。

 そのほか、現在3階に出店中の「MALKOMALKA(マルコマルカ)」は地下1階に移転リニューアル。地下0.5階には「ストリートフォーマル」をコンセプトにしたブランド「snidel(スナイデル)」、レディスブランド「ドロシーズ」の「be love」を中心とした新ブランド「be love by DRAWCYS(ビーラブ バイ ドロシーズ)」、20歳をメーンターゲットに渋原・LAミックスカジュアルを提案する「MiiA(ミーア)」が新規出店する。

 現在3.5階に出店しているレディスブランド「GOUT COMMUN(グーコ ミューン)」が1.5階に移転するほか、3階に出店中のレディスブランド「monde of gloria(モンド オブ グロリア)」が2階へ移転。3階に新規出店する「ATMOS SELECT(アトモス セレクト)」は、現在2.5階に出店している「アトモス」の新業態店で、アパレルを中心に扱う。

 3.5階には、現在3階に出店中の「pas de calais(パドカレ)」が移転オープンするほか、ファッション雑貨・生活雑貨を扱う「About a girl(アバウト ア ガール)」が新規出店。4階には、3.5階に出店している「DOUBLE NAME(ダブルネーム)」が移転。「ベーシック&ワーク」をテーマに、オリジナルアイテムや国内外ブランドのアクセサリー、雑貨を扱うセレクトショップ「YECCA VECCA CLOSET(イェッカ ヴェッカ クローゼット)」と、エイベックス(港区南青山3)のアパレル事業部が手がけるルームウエア中心のブランド「mercy.(マーシー)」が新しく出店する。

 ほかにも、2月末~4月下旬までの期間限定で昨年の秋冬コレクションに立ちあがったレディスブランド「monikoto(モニコト)」が2.5階に出店するほか、1階エントランススペースにカジュアルウエアブランド「FAT(エフ エー ティー)」が2月20日~4月4日の期間限定で出店。スタンダードアイテムを「カムフラージュバージョン」で販売する。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞