代官山にイベントスペース&バー-イベント企画会社がオープン

イベントスペース&バー「M」がオープン。写真=左からmugenkai communicationの佐藤研二さん、米田憲史さん、佐藤ジュリアンさん

イベントスペース&バー「M」がオープン。写真=左からmugenkai communicationの佐藤研二さん、米田憲史さん、佐藤ジュリアンさん

  •  
  •  

 東急東横線・代官山駅近くに11月27日、イベントスペース&バー「M(エム)」(渋谷区恵比寿西1、TEL 03-6416-1739)がオープンした。経営はイベントの企画・制作などを手がけるmugenkai communication(目黒区)。

イベントスペースとしても使用可能な店内

 同社初のリアル店舗となる同店。オーナーの佐藤研二さんは「当社企画のイベントを、ほかに場所を借りて行うより自分たちのスペースで展開できたらと考えた」とし、「僕たちの周りには、まだあまり知られていないアーティストも多く、彼らにきっかけを与えたいと思った」と話す。

[広告]

 店名は「限界のないコミュニケーション」という意味を持つ社名の頭文字から「M」と命名。店舗面積は約50坪で、席数は最大で70席を用意する。仏人インテリアデザイナーのトーマス・アントニエッティさんとともに手がけたという店内は「アーティストやお客さんに色をつけてもらいたい」と白を基調とした空間に仕上げた。現在、ファンタジスタ歌麿呂さんが手がけた絵が描かれているバーカウンターは2カ月に1回、新たなアーティストが手がけることでデザインを変更していくという。

 メニューは、ソフトドリンク(400円~500円)やカクテル(600円~900円)、ワイン(500円~600円)、日本酒(600円)など。料理はミックスナッツやピクルス、ビーフジャーキー(500円程度)などのつまみ類のみで、利用客自身が「食べたいものを持ち込むことができる」ほか、フライドチキン店「BBQフライドチキン」やすし店、そば店などのデリバリーメニューも用意。同店から注文することができる(フードチャージ代=300円)。

 イベントスペースとしての利用は、平日7時~12時、12時~17時の5時間で各4万5,000円(土曜・日曜・祝日=各5万5,000円)、7時~17時の利用は8万円(同=10万円)、バー営業の18時以降は1時間1万円(金曜・土曜・祝日=2万円)、21時以降は1時間2万円(同=3万円)。

 今月は、ダンスイベントや利用客が食材などを持ち込んで行う「鍋パーティー」、トーマス・アントエニッティさん主催のクリスマスパーティ「イートマスパーティー」などが予定されている。

 佐藤さんは「当店はギャラリーであり、バーであり、イベントスペースでもある。ジャンルを問わず利用いただければ」と話す。「年齢や職業、人種など関係なく、いろんな方が混ざり合っておいしいお酒を飲める空間にしていきたい」とも。

 バーの営業時間は18時~翌2時(金曜・土曜は翌4時まで)。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞