UA原宿本店で人気ガラス作家の個展-「夏らしい」ガラス器一堂に

会場では、夏らしいガラス器を一堂に販売(写真=作品イメージ)

会場では、夏らしいガラス器を一堂に販売(写真=作品イメージ)

  •  
  •  

 ユナイテッドアローズの生活雑貨レーベル「UNITED ARROWS SYTLE for LIVING」で人気を集めるガラス作家・三浦世津子さんのガラス展が6月12日、「ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館」(渋谷区神宮前2、TEL 03-3479-8176)で始まった。

 三浦さんは、1986年からイギリス、アイスランド、チェコ、アメリカ各地に留学後、日本での制作活動を開始。1992年、長野県諏訪市のガラスミュージアム「SUWAガラスの里」のスタジオマネジャーに就任。東京や愛知、京都など各地で個展・グループ展を開催してきた。作品は、モダンなデザインや柔らかなラインと、手作りならではの微妙な大きさの違いやゆるやかな曲線美などが特徴。

[広告]

 同展では、複数の作品の中からグラスやピッチャー、花器、ボウル、ソープディッシュなどの夏らしいガラス器を一堂に展示・販売する。会場は地下1階。営業時間は12時~20時(土曜・日曜・祝日は11時~)。今月28日まで。

  • はてなブックマークに追加