渋谷で人気アニメ「地獄少女」企画展-限定メニュー「地獄しるこ」も

「地獄少女~憂鬱美術展~」メーンビジュアル©地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

「地獄少女~憂鬱美術展~」メーンビジュアル©地獄少女プロジェクト/三鼎製作委員会

  •  
  •  

 人気シリーズ「地獄少女」のアニメ第3弾放送を記念した企画展「地獄少女~憂鬱美術展~」が10月10日より、渋谷「ロゴスギャラリー」(渋谷パルコ・パート1、TEL 03-3496-1287)で開催される。

 地獄少女は、セーラー服を着た赤い目の主人公・閻魔あいが恨みの依頼を引き受け、「地獄流し」をしていく物語。2005年10月に少女漫画雑誌「なかよし」で連載を開始、同時期にアニメ化され、放送終了後2006年10月にはアニメ第2弾がスタートした。最新シリーズとなる第3弾「地獄少女 三鼎(みつがなえ)」は、TOKYO MX(毎週土曜17時~)などで放映を開始している。

[広告]

 同展では、人形作家・三浦悦子さんが同作に登場する謎の少女「きくり」をイメージし作った、新作ドールやフィギュアなどを展示。会場では原画のパネル展示などでストーリーを解説するほか、最新シリーズの予告編映像も上映。新作ドール「きくり」(59,850円)の予約販売を受け付けるほか、新刊イラスト集、画集なども販売する。

 渋谷パルコでは会期中、激辛メニュー「ベトナムチキンカレーのフォー 地獄風」(998円、パート1・7階「ニャー ヴェトナム」)や「地獄めぐり鍋」(1,300円、パート1・8階「本場博多天神 もつなべきむら屋」)、「地獄しるこ」(500円、パート1・1階「モフ」)などの限定「地獄」メニューを提供する。今月18日には、書籍購入者を対象に、永遠幸(えとおみゆき)さんによるサイン会(先着200人)を開催。サイン会は14時~。

 営業時間は10時~21時(最終日は17時に終了)。入場無料。今月22日まで。

  • はてなブックマークに追加