NY、ロンドンの気鋭アーティスト2人が「模倣し合う」企画展

©Alexander Gelman ©Paul Davis

©Alexander Gelman ©Paul Davis

  • 0

  •  

 ニューヨークを拠点に活動するメディアアーティスト、アレクサンダー・ゲルマンさんと、コラージュ、イラストレーションを中心に活躍する英アーティスト、ポール・デイビスさんによる二人展「GELMAN-IZE & DAVIS-IZE」が8月9日より、渋谷「NANZUKA UNDERGROUND(ナンズカ アンダーグラウンド)」(渋谷区渋谷2、TEL 03-3400-0075)で開催される。

[広告]

 独自の理論に裏付けされた「引き算(サブトラクション)」のクリエーティブでビデオ、グラフィックなどのメディアアートを発表し続けるゲルマンさんと、英国人特有のユーモアで落書き風のイラストなど一見不器用にも見える作品を描き出すデイビスさんは、共に80年代から頭角を現したアーティスト。ゲルマンさんの作品の一部はMoMAのパーマネントコレクション(永久保存作品)に選ばれ、一方のデイビスさんも英イラストレーターオブザイヤーを受賞するなど、評価は高い。

 「旧知の友人」という2人が開く合同展は、2005年ニューヨークのアンドリュー・ロース・ギャラリーで開催された「Gelman/Davis」展に続く第2弾。同展では、それぞれの作品を両者の異なるスタイルで「模倣」し合う。

 生活や愛、性などを「空想的」に描いたデイビスさんが渡したドローイング作品は、合理的視点から創作活動を続けるゲルマンさんによって「ゲルマン化」。その逆で、ゲルマンさんの作品も、デイビスさん特有のフリーハンドスタイルで「デイビス化」。両者の作品を「再構築」するユニークな試みが繰り広げられる。

 営業時間は13時~20時(土曜・日曜・祝日は11時~18時)、月曜・火曜定休。入場無料。9月7日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース