見る・遊ぶ

渋谷・東急ハンズに「ご当地」即席めんコーナー、50種一堂に

東急ハンズ渋谷店1Cフロア「ご当地ラーメン」コーナーの様子。7月10日まで

東急ハンズ渋谷店1Cフロア「ご当地ラーメン」コーナーの様子。7月10日まで

  •  
  •  

 東急ハンズ渋谷店(渋谷区宇田川町、TEL 03-5489-5111)は6月中旬より、1Cフロアで「ご当地」即席めんを集めた特集売り場を開設し、好評を博している。

 エリア限定で売り出される地域色豊かな即席めんやラーメン缶などの人気を受け、50種類ほどのご当地ラーメンを取りそろえたところ、若者を中心に人気のコーナーに。「都内のスーパーなどでは売っていないものがほとんど。ギフトとして買われていく方も多い」(同店販売促進担当者)という。

[広告]

 売り場に並ぶのは、独自製法の「生ラーメン」を72時間熟成、乾燥させためんが人気の「北海道ラーメン」シリーズや旭川の名店の味を楽しめる「梅光軒 三方麺」などの「北海道」もの、秋葉原のインスタントラーメン専門店「Akiba Noodl さくら」のオリジナル商品など。かぼすやレモンなどの酸味スープで食べる冷やし中華や、往年の味を再現した「大正11年海鮮中華そば」など趣向を凝らした商品も取りそろえた。

 1番人気は、「タラバガニエキス」をブレンドしたスープが売りの「北海道ラーメン『カニ』三昧」シリーズの「毛ガニ風味みそ味」(168円)。次いで、酸味と辛味が特徴の「酸辣湯麺」、福島県喜多方発祥の「喜多方ラーメン」(各168円)の人気順になっている。

 営業時間は10時~20時30分(7月8日、9日は休業)。7月10日まで。

東急ハンズ渋谷店別添スープで味が変化-インスタント店の「アキバ変身ラーメン」(アキバ経済新聞)即席めん発祥の地、大阪で「世界ラーメンサミット」開催(梅田経済新聞)横濱カレーミュージアムが「インスタントラーメン博覧会」(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ

超!シブヤ経済新聞