学ぶ・知る

渋谷公園通りに「ユナイテッドアローズ」大型複合店-若者集客へ

公園通りに出現した全面ガラス張りのUA新店舗。1・2階にはカジュアル軸、地下1階にはドレス軸の店舗が入る

公園通りに出現した全面ガラス張りのUA新店舗。1・2階にはカジュアル軸、地下1階にはドレス軸の店舗が入る

  •  
  •  

 ユナイテッドアローズ(渋谷区神宮前2)は4月20日、渋谷・公園通り沿いに都内でも最大規模となる「ユナイテッドアローズ」(以下UA)と「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」(以下BY)の複合店をオープンした。

 渋谷パルコからほど近い公園通りに面した店舗は、1階~2階のファサード部分を全面ガラス張りとするなど、通行人からも店内の様子が見えるインパクトのある外観。人通りが一段と増える週末には、道の向かい側からもはっきりと見えるカラフルで着やすそうな商品を一目見ようと若者客が次々と訪れ、客足が絶えない。

[広告]

 同社の核業態のうち、主にカジュアル軸に位置付けるBY業態は、「BY渋谷公園通り店」(TEL 03-5428-1893)として1階・2階に出店。同業態では全国9店舗目で、店舗面積は197.6坪と最大規模。公園通りをセレクト業態の「聖地」ととらえ、男女それぞれの強みでもある「トラッド×モード」(メンズ)、「トラッド・スポーツ×フェミニン」の打ち出しを強化、他店舗との差別化を図る。

 商品面ではテイスト別の編集ではなく、「アイテム」に重点を置くMDに力を入れる。シャツやパンツ、めがねなどのアイテムを強化、若者が集まる地域性を考慮し「見やすい」ディスプレーも心がけている。内装は、商品が印象に残るようデザインの主張を省いたのも特徴。オリジナル、仕入れは各50%の構成で、男女比では2階で扱うメンズが55%と、ウィメンズの45%に比べ多高い。

 地下1階に店を構えるドレス軸の「UA渋谷公園通り店」(TEL 03-5428-1853)は、1・2階と打って変わり、落ち着いたトーンのクラシカルな内装。既存のUA業態に比べ20代の客層を意識する一方で、「上質で品のある」テイストも盛り込んだ。店舗面積は97.2坪。

 3月に閉店した旧・渋谷公園通り店からの移転となる同店では、スポーツ・カジュアル商材の展開を強化。旧店舗では取り扱いのなかった「クロームハーツ」商品も投入する。オリジナル、仕入れの構成比はBYと同じく50%ずつ。メンズ、ウィメンズも、それぞれ50%の構成比となる。

 渋谷エリアへの大型店出店について同社は「(ドレスなどの)オン需要と(日常着などの)オフ需要が潜在する。オン需要は新宿に比べ大きくはないが、確実に拾っていく」と市場の需要を分析。核業態となる2店舗を集積とすることで「取りこぼしがなく、商品や販売面でさまざまな声をサービスに生かせる」(同社)などとし、両店のシナジー効果を見込んでいる。

 営業時間は11時~20時30分。

「ユナイテッドアローズ」店内の様子(関連画像)ユナイテッドアローズ、渋谷公園通り沿いに大型店-4月開業へ(シブヤ経済新聞)UA、渋谷公園通り店跡に期間限定「和装」店-浴衣など3,000点(シブヤ経済新聞)UA、キャットストリート「チェンジズ」跡に新店-時しらず移転も(シブヤ経済新聞)ユナイテッドアローズ

  • はてなブックマークに追加