トイカメラ「HOLGA」から新パッケージ-色彩ポップに3種類

35ミリフィルム用カメラ「HOLGA 35mm」のパッケージ(写真)は青とピンク色が基調

35ミリフィルム用カメラ「HOLGA 35mm」のパッケージ(写真)は青とピンク色が基調

  •  
  •  

 独特の写りの「ゆるさ」で人気を集める中国製の中判カメラ「HOLGA(ホルガ)」から、同カメラの国内販売を手がけるロモグラフィージャパン(港区南青山3、TEL 03-5772-7867)オリジナルのポップなパッケージが登場した。

 1980年代、香港で生まれたホルガは、低コストの製造工程から生じる独特の光漏れやゆがみなどが、ロシア製カメラ「ロモ」などと並びトイカメラ愛好者らの間で人気に。今回登場したのは、同カメラで撮影した作品集やスターターキットなどのデザインも手がけるロンドンのデザイナー、Ninetyさんがアートワークを担当したオリジナルパッケージ版。

[広告]

 パッケージは、レトロな色合いとポップなデザインが特徴の箱型。サイズが従来よりもコンパクトになった35ミリフィルム用カメラ「HOLGA 35mm」(4,725円)は青とピンクが基調。同じく35ミリフィルム用カメラでピンホール機能を新たに搭載した「HOLGA 35mm PINHOLE」(3,675円)は、赤とオレンジ、新たに登場したピンホール撮影専用の「HOLGA PINHOLE」(3,675円)はグリーン系と、それぞれ個性の異なる3種類の新パッケージが登場した。

 新パッケージは昨年12月中旬より発売中。

ロモグラフィージャパン

  • はてなブックマークに追加