ブラウンライス、表参道に和風自然食デリ-直営カフェ隣

ブラウンライスが表参道の直営カフェ隣りに和風自然食デリ(写真=店舗外観)

ブラウンライスが表参道の直営カフェ隣りに和風自然食デリ(写真=店舗外観)

  •  
  •  

 自然食材を使ったカフェ経営や菓子製造事業を手がけるブラウンライス(渋谷区神宮前5)は11月、表参道「ブラウンライス・カフェ」(神宮前5)隣にデリ業態の「ブラウンライス・デリ おもて」(TEL 03-5778-2383)をオープンした。

 1989年、元麻布の焼き菓子・パン工房からスタートしたブラウンライスは、2003年4月に直営1号店のブラウンライス・カフェを開業。食材選びにこだわった「自然食」カフェの先駆的存在として人気を集めてきた。

[広告]

 デリは、カフェが入居する「グリーンビル」隣のビル1階にオープン。店名の「おもて」には、「おもてなしの心」、裏のない「おもての部分」などの意味を込めた。店舗面積は約30坪(厨房を含む)。和をベースにしたメニュー同様、店舗デザインにも和テイストを取り入れている。

 メニューは、カフェで提供する総菜の中でも特に人気の高いものを選び、テークアウトできるように工夫した。旬野菜15種をそれぞれ一口サイズにして盛り付けた「肴揃(さかなぞろえ)」(1,200円)は主力メニューの一つ。国産小麦とオーガニックライ麦、炊いた玄米などで作った「自家製まんじゅう・おもて」(2種類、1個=200円)には、日替わりのおかずが入るという。メニューはほかに、「豆乳と白味噌ラタトゥーユ」(200グラム=500円)、「大根と柿のサラダ」(100グラム=300円)など。

 スイーツは、「玄米甘酒タルト」(370円)、「黒糖芋ようかん」(220円)など7種類以上。「手前味噌」(200グラム=480円~)などの各種味噌や、独自ブレンドの茶も提供する。メニューはすべて持ち帰り用で、イートイン・コーナーは設けていない。営業時間は11時~20時。(写真=「ブラウンライス・デリ おもて」外観)

ブラウンライス

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
SmartNews Awards 2019