UA、青山・フロムファーストビルにメンズの新業態1号店

2006-07年秋冬シーズンの商品

2006-07年秋冬シーズンの商品

  • 0

  •  

 ユナイテッドアローズ(渋谷区神宮前2、以下UA)は9月1日、港区南青山5のフロムファーストビル・地下1階にメンズの新業態店「Liquor, woman&tears(リカー、ウーマン&ティアーズ)」(以下LWT)をオープンする。

[広告]

 根津美術館近くに位置するレンガ造りが特徴の同ビルは、国内外アパレルブランドの店舗が多数入居していることで知られる。今回、UAが新たに打ち出す同店は、新業態のストアブランドを出店する際にテストマーケティングを行う実験店舗「UAラボ」として位置づけられるもの。店舗面積は19.7坪。

 ブランドでは、「革靴を磨くこととスニーカーを磨くことは同じ」をコンセプトに、清潔感のあるトラッドなテイストにヒップホップの要素をミックスした新スタイルを提案。テレビや雑誌などの媒体を通じ「ドレスウェアを『新しい感覚』で着こなすヒップホップやR&Bのアーティストの注目度が高まっている」ことを背景に、ファッションに敏感な大人層や「大人になりつつある」若者をターゲットに見込む。

 デビューコレクションとなる2006-07年秋冬シーズンは、ライダースやウエストをマークしたナイロン・ブルゾン、レイバン風のサングラス、ベルボトムなど、70年代のテイストを盛り込んだ商品が中心。中心価格帯はシャツ=12,000円~78,000円、パンツ=19,000円~85,000円、アウター=28,000円~450,000円、シューズ=12,000円~200,000円ほか。商品は、オリジナルが3割で別注品を含むセレクト商品が7割を占める予定。アパレルと服飾雑貨の構成比は5対5。(写真=2006-07年秋冬シーズンの商品)

ユナイテッドアローズ

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース