恵比寿にシンガポール料理店-主力は「海南チキンライス」

  • 0

  •  

新東記(渋谷区)は10月11日、恵比寿駅西口近くにシンガポール料理専門店「エビス新東記(シントンキ)」(恵比寿南1、TEL 03-3713-2255)をオープンした。店舗面積は約60平米。客席数はカウンター5席を含む40席。同店は、本格的なシンガポール家庭料理を提供するのが特徴で、主力メニューは、国産の若鶏モモを蒸した鶏肉または揚げた鶏肉と、100%ジャスミン米・日本米、自家製チリ・特製生姜・濃口黒醤油から組み合わせる「ハイナンチキンライス」(ランチ=900円、ディナー=1,200円)となる。その他、海老のだしとココナッツミルク、ビーフンを使ったシンガポールのカリーヌードル「ラクサ」(980円)、15種類以上の漢方スパイスを使って豚スペアリブを煮込んだ鍋料理「肉骨茶(バクテー)」(ランチ=950円、ディナー=1,200円)など。客単価は、昼が900円、夜が2,500円。営業時間は、ランチ=11時30分~15時、ディナー=18時~24時(10時30分フードラストオーダー)。日祝定休。
エビス新東記

[広告]
  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース