見る・遊ぶ

BリーグオールスターにA東京サイズ選手、SR渋谷ベンドラメ選手ら

Bリーグオールスターゲーム2023に出場が決まった(左から)SR渋谷・ベンドラメ礼生選手、A東京・セバスチャン・サイズ選手、ライアン・ロシター選手

Bリーグオールスターゲーム2023に出場が決まった(左から)SR渋谷・ベンドラメ礼生選手、A東京・セバスチャン・サイズ選手、ライアン・ロシター選手

  • 20

  •  

 来年1月に開催を予定する男子プロバスケ「Bリーグ」のオールスター戦に、アルバルク東京のセバスチャン・サイズ選手、ライアン・ロシター選手、サンロッカーズ渋谷・ベンドラメ礼生選手らの出場が決まった。

若手選手チームで選出されたSR渋谷・井上宗一郎選手とA東京・吉井裕鷹選手

[広告]

 年に一度の祭典となるオールスターゲームだが、新型コロナウイルス感染症の影響で昨年・今年と中止となっていた。今回は昨年の開催予定地だった茨木・水戸を開催地に、ダンクやスキルを競うコンテストと、エキシビションマッチを行う。

 試合は、B1に所属する24チームを「B.BLACK」「B.WHITE」に分け、全チームから選ばれた各チーム13人が試合に出場する。A東京とSR渋谷は共に「B.BLACK」となる。

 4年連続4回目の出場となるサイズ選手は、公式サイトなどで行っていたファン投票で選ばれたことからスターティングメンバーとして試合に出場する。SNSで自身への投票を呼びかけていたこともあり、投票してくれたファンに感謝の言葉を口にするとともに、「とてもワクワクしている」と選出を喜ぶ。「普段は一緒にプレーできない選手がチームメートになるし、特別なゲーム。ファンの皆さんにも楽しんでほしい」と話す。加えてサイズ選手は、ダンクコンテストにも4年連続出場を予定する。優勝した経験もあるが、「どんなダンクをするかいろいろ考え中。皆さんがわっと驚くようなダンクをして喜んでもらいたい」と意欲を見せた。

 ロシター選手は5年連続6回目、ベンドラメ選手は3年連続4回目となり、それぞれリーグからの推薦で選ばれた。ベンドラメ選手はチームのホームページで「空気を読むつもりはありません。MVPを狙ってがんばるます。よろろすおねがいするます(某アニメキャラクター風)」(原文ママ)とコメントを寄せている。

 12月8日(18時)~10日(23時59分)には、各チーム最後の1選手を選出する投票がツイッターなどで行われる。「#ドットエスティBリーグオールスター」と選手名をハッシュタグで付けて1日1回応募できる。SR渋谷には茨木出身の小島元基選手が在籍しているが、同窓の同級生でもあるベンドラメ選手は「彼の実家は茨城県。ご協力よろしくお願いします」と呼びかける。

 このほか、アジア特別枠選手選抜と若手選手選抜による試合には、日本代表として成長中のA東京・吉井裕鷹選手、SR渋谷・井上宗一郎選手が初出場を果たす。Bユースのオールスターには、A東京U18の菅野楓太選手、SR渋谷U18の山﨑成隆選手と大森康瑛選手が、それぞれ初選出された。

 オールスターゲームの試合会場は、アダストリアみとアリーナ(茨城県水戸市)。開催日は1月13日・14日。チケットは今月14日から順次発売する。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース