食べる

シンガポール発「フラッシュ コーヒー」、青山通りに日本1号店 1杯270円~

「Flash Coffee表参道店」外観

「Flash Coffee表参道店」外観

  • 30

  •  

 オンライン注文・決済で商品を提供することでコーヒーなどのドリンクを200円台から提供するシンガポール発のコーヒーチェーン「Flash Coffee(フラッシュ コーヒー)」の日本1号店(港区南青山5)が12月4日、青山通り沿いにオープンした。

主力のハウスブレンド「リストレット」(270円)

[広告]

 同チェーンは、ラテアート世界選手権で受賞歴のあるバリスタ、アーノン・ティティプラサートさんが監修コーヒーを値頃感のある価格帯で提供することを売りに、2020年1月に創業。現在はインドネシア・タイ・シンガポール・台湾・香港・韓国で200店舗以上を展開し、日本進出は今回が初となる。日本を含め2022年までに300店舗以上の展開を目指し、今後マレーシアやフィリピンなどにも進出していく予定だ。

 日本1号店となる「表参道店」は、表参道交差点近くの青山通り沿いの路面に出店。外観はブランドカラーのイエローを基調とし、1階はバーカウンター、2階にはイートインスペース(10席)を設けた。客はFlash Coffee専用のアプリでオンライン注文・決済し、店舗で注文品を受け取る「グラブ・アンド・ゴー」サービスを採用する。

 ドリンクは、香りや風味を保つために調達するという100%アラビカ種など、コーヒー豆にこだわり、Sサイズのエスプレッソは270円から提供する。少ない湯で抽出することで濃い味になるという抽出方法リストレットをそのまま商品名にした主力コーヒーの「リストレット」は270円。ほかにも定番メニューのエスプレッソやラテ、海外の店舗でも人気のアボカドラテ(490円)、日本限定の抹茶ラテや梅昆布茶、みたらしラテなど全20種類のドリンクを提供する。各ドリンクは、砂糖の量の調整やミルクの変更、エスプレッソショットの追加などで味も調整できる。

 営業時間は8時~20時(土曜は9時~、日曜・祝日は9時~18時)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース