食べる

ミシュランガイド東京、広域渋谷圏の星付きは39店

恵比寿ガーデンプレイス内の「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」外観

恵比寿ガーデンプレイス内の「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」外観

  •  
  •  

 11月29日に発売される「ミシュランガイド東京2020」(日本ミシュランタイヤ=千代田区)で、広域渋谷圏からは39店舗が「星」を獲得した。内訳は、3つ星=1店、2つ星=8店、1つ星=30店。

13年連続で3つ星に輝いた「ガストロノミー ジョエル・ロブション」の店内

 同書で今回掲載するのは、飲食店・レストラン464店、宿泊施設34店の計498店。「そのために旅行する価値がある卓越した料理」と定義する「3つ星」は11店、「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」の「2つ星」は48店、「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」の「1つ星」は167店、「価格以上の満足感が得られる料理」として全料理カテゴリーを対象にする「ビブグルマン」は238店となった。

[広告]

 広域渋谷圏で唯一の3つ星となったのは、恵比寿ガーデンプレイス内「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」の高級フレンチ「ガストロノミー ジョエル・ロブション」で、東京版発刊以来13年連続の獲得となる。同店は同書でスプーンとフォークの数で表記される快適度でも「豪華で最高級」という最高評価を得ている。同時に、同館内の「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」が2つ星に選ばれている。

 このほか2つ星には、2010(平成22)年から11年連続の獲得となる「Narisawa」(港区南青山2)、7年連続となる天ぷら「天てんぷら うち津」(渋谷区広尾5)、4年連続となる日本料理店「御料理 宮坂」(南青山4)、3年連続となる日本料理店「樋口」(神宮前2)、フランス料理「フロリレージュ」(同)、日本料理「傳」(同)といった「常連」が名を連ねる。2018(平成30)年に1つ星として初めて掲載されたイタリア料理「プリズマ」(南青山6)は今回2つ星に「昇格」。東京でイタリア料理が2つ星の評価になるのは「ミシュランガイド東京2011」以来だという。

 1つ星は、フランス料理、イタリア料理、日本料理などに加え、そば「翁」(恵比寿西1)、焼き鳥「七鳥目(ななちょうめ)」(南青山7)などの飲食店もランクイン。フランス料理「サンプリシテ」(猿楽町)」、フランス料理「sio」(上原1)、すし「匠 鮨(すし)おなわ」(恵比寿南1)、すし「熟成鮨 万(よろず)」(東4)が新たに星を獲得した。

 ビブグルマン掲載店は40店で、代々木や富ヶ谷エリアの飲食店が目立ったほか、居酒屋、ギョーザ、ポルトガル料理、ペルー料理、ベトナム料理、沖縄料理、スペイン料理などさまざまなジャンルの飲食店も紹介。今年2月にオープンした焼き鳥「○輝(○=金辺に英、えいき)」(恵比寿2)、韓国料理「韓国食堂入ル坂上ル(いるさかあがる)」(恵比寿南1)、そば「神宮の蕎麦(そば)」(神宮前2)、とんかつ「とんかつ七井戸」(神宮前3)、イタリア料理「ファロ」(代官山町)、イタリア料理「ブラマソーレ」(神宮前3)、焼き鳥「焼き鳥 今井」(同)、フランス料理「ル・キャバレ」(元代々木町)が新たに加わった。

 日本ミシュランタイヤは2007(平成19)年にアジア初の「ミシュランガイド東京」を、2009(平成21)年に国内2カ所目となる関西版「京都・大阪」版を刊行。以降対象エリアを拡大しつつ、広島特別版、福岡・佐賀特別版などを発行している。関東版は2015(平成27)年版からエリアを東京に絞った。

 「ミシュランガイド東京2020」の価格は3,180円(税抜き)。掲載店舗はウェブで無料公開している。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞