見る・遊ぶ

渋谷・桜丘の旧「ヤマハ」でアート企画 取り壊しビルに巨匠写真家らの作品

「崖の上のヤマハ」とも称された旧「ヤマハエレクトーンシティー渋谷」

「崖の上のヤマハ」とも称された旧「ヤマハエレクトーンシティー渋谷」

  •  
  •  

 大規模再開発に向け大きくかじが切られる渋谷・桜丘の中でも、「音楽の街」を象徴する存在の一つだった旧「ヤマハエレクトーンシティー渋谷」(渋谷区桜丘町)で11月16日から、巨匠から若手まで気鋭の写真家による作品を一堂に展示するアートフェア「ARIGATO SAKURAGAOKA by ART PHOTO TOKYO」が開催される。主催はエイベックス・エンタテインメントや東急不動産などから成る実行委員会。

篠山紀信さんの作品

 「崖の上のヤマハ」とも称されたヤマハ音楽振興会のかつてのレコーディングスタジオ「渋谷エピキュラス」を前身とする同所は、再開発によるビル取り壊しを前に今年に入り40年以上の歴史に幕を閉じた。

[広告]

 フェアのディレクターを務める現代アートギャラリー「hiromiyoshii(ヒロミヨシイ)ropponngi」オーナーの吉井仁実さんは、2016年にも再開発で取り壊される前の日本橋「茅場町共同ビルディング」を会場にアート企画「ART PHOTO TOKYO」を展開。今回は、「これまで桜丘を見守ってきた」「特別な存在感を放っていた」同所で、「何かをしたい。移りゆく街の次につながる炎をともしたい」との思いで、同様のアートフェアを企画した。

 「古き良き桜丘を意識しつつ、新しい桜丘の始まりを予感させるイベントに」と吉井さん。「選考はポップカルチャーを意識した」と言う。参加する写真家は、荒木経惟さんや梅川良満さんなど著名人のポートレートをはじめ先鋭的な作品でも知られる写真家や、ミュージシャンのCDジャケットや広告写真などで幅広く活躍する北島明さんや舞山秀一さん、それぞれ色鮮やかな作風や激情的な切り口などの個性でも知られる蜷川実花さん、新田桂一さん、独特な作風で世界的評価も高い杉本博司さん、森山大道さんなど多彩な顔ぶれ。

 ニューヨークを拠点に活動する小浪次郎さんや、被写体の素顔や日常をリアルに捉えファッション誌などで活躍する茂木モニカさんなど、勢いのある若手の作品も展示。人気写真家レスリー・キーさんはRIZAPと組み、RIZAP利用者やトレーナーの姿を「アートで表現した」撮り下ろし作品や、故・樹木希林さんの写真などを展示する。HIROMIXさんは、渋谷を舞台に撮り下ろした新作を公開。

 期間中、坂本龍一さんの8年ぶりの新作を高音質で流すなど、トークショーやDJパフォーマンス、ライブなどのイベントも予定する。

 開催時間は12時~20時(一部イベントは23時まで)。月曜・火曜・水曜は休み。入場料は1,000円(要サイト登録)。12月2日まで。

  • はてなブックマークに追加