新型コロナ関連渋谷区、新たな陽性患者数は6人

見る・遊ぶ

デザイン・アートフェス「デザイナート」 表参道・渋谷など85カ所で展開

エイベックス本社ビルで展開するアーティスト藤元明さんと建築家・永山祐子さんのインスタレーション「2021#Tokyo Scape」

エイベックス本社ビルで展開するアーティスト藤元明さんと建築家・永山祐子さんのインスタレーション「2021#Tokyo Scape」

  • 37

  •  

 表参道などで現在、デザイン・アートフェスティバル「DESIGNART(デザイナート)TOKYO2018」が開催されている。

「2021」の「0」を表現する滴型のバルーン

 昨年初開催され、今年で2回目を迎える同フェス。展覧会や商品開発、ブランディング、プロデュースなどを手掛けるミルデザイン(港区南青山2)社長の青木昭夫さんら6人が発起人となり、デザインとアートを横断するモノやコトの発信を図っている。

[広告]

 東京の街をミュージアムと位置付け、表参道や外苑前、原宿、渋谷、広尾などの店舗や施設、ギャラリー85カ所で約120のコンテンツを展開。「フィーチャーアーティスト」と位置付けるアーティスト藤元明さんと建築家・永山祐子さん夫婦は、エイベックス本社ビル(南青山3)のエントランス大階段で、2020年の東京五輪・パラリンピック後を考える藤元さんのアートプロジェクト「2021」を巨大インスタレーションとして展開。エントランスのガラス面には「2,2,1」の数字を貼り、「0」は大階段に置く直径7メートル×全長17メートルの滴型をした鏡面オブジェクトで表現している。

 ダウンブランド「カナダグース」の千駄ヶ谷本店(渋谷区字宮前2)のウインドーでは建築家・藤本壮介さんがダウンを使ったインスタレーションを手掛けた。ダウンをグリッド状に等間隔で並べレイヤー状に配置することで、空気の動きや照明などによって異なる見え方がする作品に仕上げた。伊家具ブランド「ジェルバゾーニ」はアーティスト舘鼻則孝さんとコラボし、ソファ・ベッド・チェアの定番コレクション「GHOST」に西陣織の老舗「細尾」が織り上げた生地を使った商品をスタジオ「Francfranc Forest」(北青山3)で発表。プロダクトデザイナー鈴木啓太さんの新作ガラススピーカー「エクスポネンシャル」は、サカナクション・山口一郎さんが社長を務めるNFとコラボしたサウンドインスタレーションをフリッツ・ハンセン青山本店(同)で行っている。

 このほか、台湾の建築家ジョニー・チウさんとチウさんの会社J.C.ARCHITECTUREによる紙を使ったインスタレーション「Happier Cafe」、建築家・谷尻誠さんが「タイムレス」をテーマに撮影した写真の展示、シュレッダーを使ったコラージュアーティスト河村康輔さんの作品、フラワーアーティストTAKAYUKI TANAKAさんの空間インスタレーションなどのコンテンツも展開する。

 開催時間は開場により異なる。10月28日まで。

  • はてなブックマークに追加
超!シブヤ経済新聞
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース