見る・遊ぶ

クラシックカーラリー「ラ・フェスタ・ミッレミリア」、明治神宮からスタート

100台を超すクラシックカーが集まった

100台を超すクラシックカーが集まった

  •  
  •  

 クラシックスポーツカーの祭典「La Festa Mille Miglia(ラ フェスタ ミッレ ミリア)」が10月19日、明治神宮からスタートした。主催はFORZA、BSフジ。

堺正章さんのクラシックカーも

 「ミッレ ミリア」は1000マイル=約1600キロの意味で、1927年にイタリアで約1600キロを走るスピードレースとして始まり、現在はスタンプラリーとして開催されている。日本では1997年にスタートし、今年で21回目を迎える。

[広告]

 毎年秋に開催する同イベントは、クラシックカーが4日間かけて約1600キロの道のりを走行する。2011年に発生した東日本大震災の影響で東北ルートから関東甲信越ルートに変更したが、今年は8年ぶりに東北ルートを復活させ、東京、福島、宮城、山形など1都9県を走行する。

 各地に設定されたスタンプポイントをすべて通過できるか、設定されたタイムに対してどれだけ正確に走れるかを競う競技で、その合計得点で順位を決める。参加資格は1919~1967年に製造されたオリジナル・クラシック・スポーツカー。今年も「ブガッティ」「アルファロメオ」「フィアット」「ジャガー」などのクラシックカー102台がそろう。同イベントの常連で、過去2回の優勝経験を持つタレント堺正章さん、ラリードライバー篠塚建次郎さん、タレント清水国明さんら著名人も参加する。

 今月22日、明治神宮でゴール予定。

  • はてなブックマークに追加