見る・遊ぶ

ゴマちゃん号、東急バスで運行開始 アシベの車内アナウンスも

GO!GO!ゴマちゃん号

GO!GO!ゴマちゃん号

  •  

 アニメ「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」のラッピングバスが8月1日、渋谷駅前や東急本店前(渋谷区道玄坂2)などを通る東急バス渋谷52系統で運行が始まった。

背面はゴマちゃんの顔を表現

 同アニメは、漫画家・森下裕美さんの漫画「少年アシベ」を基にした作品。声が大きく明るい性格の小学1年生・アシベと、ゴマフアザラシの「ゴマちゃん」を中心に家族や友達との交流を描く。バスの運行は、原作の連載開始30周年を記念した「30th Anniversary 周年アシベ」の一環。周年イベントでは、東急本店で原画展示、飲食店でのコラボメニュー提供なども予定している。

[広告]

 ラッピングバスに使う車両はT606号車。バスの車体側面にはゴマちゃんのイラストをラッピングし、背面は白地に目やひげなどをあしらいゴマちゃんの顔を表現した。前面の方向幕横には、アシベの髪形を真似した東急バスのマスコットキャラクター「ノッテちゃん」のイラストを掲出する。バス停停車中の行先案内や、車内のアナウンス(一部を除く)はアシベの声で行うほか、停車ボタンを押すとゴマちゃんの鳴き声が流れるようになっている。

 運転初日の8月1日に東急本店前で行った出発式には、森下さんやアシベの声を担当する声優・河村梨恵さんも出席した。

 運行は10月31日までを予定する。